骨盤の歪みの身体への影響

骨盤の歪みの身体への影響

スポンサードリンク

骨盤の歪みは、身体にさまざまな影響をもたらすと言われています。
歪みを矯正することを目的とした骨盤ダイエットは、痩せるという効果だけでなく、そういった悪影響を防ぐ効果も期待できます。
・骨格や筋肉への悪影響
人間の身体は、成熟した大人で、およそ200個の骨から形成されています。
身体の中心にあり、その要にある骨が骨盤です。
骨盤の歪みは骨格の歪みを生じさせ、骨格を覆う筋肉へも当然悪影響を及ぼします。
・自律神経失調
人間の活動を支えているものは、自律神経であるとも言えます。
意志にかかわらず、内臓や内分泌などが正常に働くように指令を出しています。
自律神経の中枢は背骨の中にあり、骨盤の歪みは背骨の歪みを生じさせ、自律神経の正常な働きにも影響を及ぼします。
・ホルモンバランスの崩れ
自律神経の機能の低下は、ホルモンの正常な分泌も妨げます。
ホルモンバランスの崩れは、多くの不定愁訴の原因になっています。
・新陳代謝の低下
エネルギーを作り出すために摂取した食物は消化され、老廃物は体外へ排出されます。
日々新しく作り出される人体の細胞は、およそ60兆個あるといわれ、約90日間のサイクルで入れ替わります。
こうして新陳代謝を行うことで、生命は維持されていきます。
骨盤の歪みによる自律神経の失調、体液の流れの阻害は、新陳代謝の機能の低下に繋がります。
こうしてみてみますと、骨盤の歪みは、何か一つのことの原因になるというわけではなく、全ての悪影響に繋がっているようです。
骨盤の歪みの矯正は、ダイエットとは直接関係のないことのようにもみえますが、痩せる体質を作るという意味では重要になります。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/1018/trackback/