介護保険の対象年齢

介護保険の対象年齢

スポンサードリンク

介護保険制度が制定されてから、介護ヘルパーを依頼する介護者が急増しました。
やはり実費で頼むと高額になるため、今までは家族が介護していました。
ですがやはり高齢化が進み、介護ヘルパーの助けを必要としている人が増えてきているのも事実です。
ではどのような人が、介護保険制度の給付の対象となるのでしょうか。
まず年齢ですが、40歳以上が対象となりますが、介護保険を受けられるのは65歳以上と40歳から64歳までの二つに分けられています。
まず65歳以上の方対象の介護保険制度ですが、要介護状態にあることが前提となります。
要介護状態も分類があり、入浴や排泄、食事の介助を介護ヘルパーや家族によって介護を必要とする状態にあることが条件となります。
その他、虚弱な状態であって、今後介護ヘルパーの助けを必要とする状態の場合もその対象となることがあります。
どちらも医者の診断が必要です。
そして40歳から64歳までの方は、老化に伴って生じた病気などが対象となります。
例えば脳卒中や痴呆などで介護ヘルパーの介助が必要と診断されれば保険の給付があります。
近年、高齢化社会と言われるようになり高齢者は非常に増えています。
要介護認定を受け、介護ヘルパーの介助を必要としている人数、介護保険の対象者の割合は、65歳以上の高齢者の中でも15%くらいです。
80歳以上になりますともっと増えていますし、85歳以上では約半数が見込まれています。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/115/trackback/