「やずやの発芽十六雑穀」

「やずやの発芽十六雑穀」

スポンサードリンク

最近、雑穀ご飯が人気のようです。
雑穀ご飯とはお米に数種類の穀物を混ぜて炊いたものですが、一口に雑穀と言っても種類はいろいろあります。
アワやキビ、ヒエなどのイネ科の植物に加えて、大豆、小豆などの豆類、ハトムギ、ソバやトウモロコシも含まれます。
これらの穀物はビタミンやミネラルも豊富ですし、食物繊維も多く含んでいます。
お米だけを炊いた時に比べて、お米に雑穀を加えることで、摂取できる栄養素の種類も量も簡単に増やせることが人気の理由のようです。
やずやの「発芽十六雑穀」は、とうもろこし・ひえ・もちあわ・もちきび・もち玄米・もち麦・はだか麦・押し麦・青はだ大豆・青玄米・もち赤米・もち黒米・小豆・黒豆・大豆・ハト麦と、16種類もの穀物がバランスよくブレンドされ、小袋に入れられています。
そのうち、12種類の穀物はにがり水に浸して発芽させています。
発芽させることでギャバ(γ-アミノ酪酸)やうまみ成分を高めるとともに、雑穀特有のにおいやクセを抑えています。
調理法も簡単で、研いだお米のなかに小袋の中身を混ぜて、いつもより大さじ2~3杯くらい多めに水を入れて炊飯器でいつもと同じように炊くだけです。
雑穀を洗ったり研いだりする必要もありません。
いつもの白米を雑穀米にするだけで、栄養バランスがよくなりますので、おかずの数や種類に頭を悩ますことも少なくなり、働き盛りのご主人や育ち盛りのお子さんをもつ忙しい主婦には大助かりですね。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/140/trackback/