オアシスの使い方

オアシスの使い方

スポンサードリンク

母の日のプレゼントとして手作りのフラワーアレンジメントを紹介してきましたが、初めてアレンジメントに挑戦する人には「オアシスって何?」と使い方がよくわからないこともあると思います。
アレンジメントをプレゼントされたことのある人は、お花が刺さっている緑色のスポンジのようなもの、と言えば見覚えがあるかもしれませんね。
ここでは母の日に初めて手作りアレンジメントに挑戦しようと考えている人のために、オアシスの使い方について説明をしたいと思います。
まず、オアシスとか吸水性フォーム、フローラルフォーム、という名前で売られているので、用途に合った形のもの(多くはブロック状で、自分で切って使います)を購入してきます。
オアシスは適度な硬さがあり、水をたっぷり含む性質があるので、花を固定しつつ水を与えることができます。
オアシスを買ってきたら、まず水を含ませるのですが、使う大きさにカットしてから水に浸します。
たっぷりと水を入れたバケツなどにカットしたオアシスを浮かべてください。
手で押さえて無理に沈めたりするとオアシスの中まで水が含まれませんので、自然に沈んで行くのをじっと待ってください。
十分に水を含んだら、花を生ける容器に合わせてカッターや果物ナイフを使ってカットしていきます。
無理に押し込まなくても容器にスッと入る大きさにします。
容器に対して小さすぎると花を差すときに動いてしまい、作業がしづらくなります。
ちょうどよい大きさにカットしたら容器に入れ、次に高さを調節します。
小さい容器でしたら、器のふちより2cmほどの高さで切り落とします。
高さがあるほどたくさんの花が入りますので、作りたいアレンジメントのイメージに合わせて調節しましょう。
最後に、オアシスの角を野菜の面取りの要領で落としていきます。
直角の部分があると花が差しづらく、またその部分のオアシスがもろく崩れやすくなります。
さて、オアシスの準備が完了したらあとはお母さんのイメージに合った花を差していきます。
容器はわざわざアレンジメント用に買わなくても、家の食器棚に入っているココットやカップでも可愛らしくできますよ。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/29/trackback/