共同購入のデメリット

共同購入のデメリット

スポンサードリンク

しかし、共同購入の利用者のほとんどはバーゲンハンターで、リピーターとして店で注文するとは思えません。
消費者側が破格の価格で利用でき、店側はリピート客による売上増加が見込めるのが共同購入の良いところです。
共同購入クーポンというのは、端的に言うと、一定時間内に一定数揃えば、購入者が大幅な割引率のクーポンを取得できるものです。
そのため、共同購入クーポン購入後に必要ない物だったと気づくこともあり、非常にせかされます。
クレジットカードが必要なのも共同購入のデメリットで、クレジットカード番号を登録するので手間がかかります。
購入したクーポン店舗で、登録した共同購入サイトが潰れかねないという、心配なデメリットもあります。

共同購入のデメリットは、期限が過ぎてしまえば無駄になることで、殆どのクーポンには使用期限があります。
また、クーポン発券前に共同購入サイトが閉鎖してしまったというようなデメリットも考えておかなくてはなりません。

共同購入のデメリットは、事前に購入しなければならないところで、クーポン販売終了時間が迫っている場合、迷っている暇がありません。
また、共同購入サイトには手数料がかかり、基本的に店側は赤字になるというのもデメリットの一つです
スポンサードリンク

関連記事