定年後の勤務形態

定年後の勤務形態

スポンサードリンク

定年後に同じ会社に再雇用してもらって働き続けるか、他の会社に再就職するのかはとても重要な選択だと思います。
今までの仕事にやりがいを感じ、このまま続けていきたいと思う人は再雇用がお勧めです。
しかし、再雇用の段階でそれまでの賃金や勤務体系が清算されるので、新しい待遇の条件が悪くなる事が多いと言えます。
再雇用では働ける期間も65歳までと決まっています。
健康で体力があるうちはできるだけ仕事を続けたいと思っている高齢者は、定年の段階で年齢制限のない仕事を探した方がいいでしょう。
高齢者の再就職は、定年の60歳の方が再雇用終了後の65歳で行うよりも断然有利です。
再雇用にしても再就職にしても、自分に無理のないように自分のライフスタイルに合った仕事内容で選びたいものです。
定年後に再雇用や再就職する場合、その勤務形態にはフルタイムとパートタイムがあります。
フルタイムだと生活は今までどおりであまり変わることはないと思います。
定年を機に仕事に費やす時間を少し減らして趣味などに充てたいという人は、パートタイムを選ぶといいでしょう。
また、派遣社員として働くという方法もあります。
派遣社員とは、派遣会社と雇用契約して派遣先の企業で働きます。
正社員として企業に就職するわけではないので、比較的早く仕事に就く事ができると思います。
ただし、これは高齢者に限った事ではないのですが、近年の不況で派遣社員の立場は厳しいものになってきています。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/436/trackback/