加齢臭と口臭について

加齢臭と口臭について

スポンサードリンク

加齢臭と口臭は同じ臭いなのですが、その原因となっている物は全く違うと言っていいと思います。原因は違いますが、加齢臭、口臭、体臭等は他人にとっては不快と感じる臭いだと思っていいと思います。
また加齢臭は一般的に40代以降の特に男性に多く出ている傾向があるみたいです。調度働き盛りの方達に向かって「あなたから加齢臭が出ている」なんて言われたくないですよね。自分はそんな事言われても気にしないようにしていると思うのもいいとは思うのですが、例えば接客業や営業等、人と接する仕事をしている人はそれでは困ると思います。出来るだけ加齢臭がしないように気を付ける努力をしてみても良いと思います。
では先程も話した口臭との違いですが、加齢臭の発生する原因は脂肪酸が酸化する事により発生する「ノネナール」と言う臭いの物質が出てきて、加齢臭独特の臭いが出る様になっています。
反して口臭の原因となっているのはいくつかあり、例えば臭いがある食べ物を食べた場合に胃から出て来てしまう臭いが原因となっている場合、何も食べていない場合でも胃酸が出て口から臭いが発生してしまいます。また虫歯や歯周病等口の中が原因で口臭が発生する場合があります。後は舌に汚れがある場合でも臭いがします。これは舌に苔があると言う状態の時に発生してしまいます。
口臭は唾液によってある程度消臭してくれるのです。ですから朝起きた時口臭が強く感じてしまうのは唾液が無いからと思っていいと思います。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/58/trackback/