加齢臭を強くする原因は不規則な生活習慣

加齢臭を強くする原因は不規則な生活習慣

スポンサードリンク

加齢臭と言うのは、誰にでも年齢を重ねれば出て来る物なのですが、その臭いの程度には個人差があります。例えば50歳を過ぎているのに殆ど臭わない方もいれば、40歳そこそこの人なのにかなり加齢臭を感じてしまう人もいるのです。これには本来の体質も関係しているとは思うのですが、原因の中には生活習慣がかなり関わっていると言う場合もあります。
ここで、ちょっとどう言う生活習慣が加齢臭の原因になるのかと言うのを説明してみたいと思います。
例えば生活習慣病ってご存知でしょうか?食生活も肉中心で野菜を食べないとか、ヘビースモーカーだったりとか、お酒をよく飲んでいたりとか仕事もストレスが溜まりっぱなしで発散をしていないとかそう言う様なバラバラな生活を送っていると生活習慣病になりやすいと言う事は殆どの方が知っているのではないかと思います。加齢臭が出てしまう原因やカラクリと言うのも実はこう言う様な生活習慣病のカラクリとよく似ているのです。
例えばですが、お肉ばかり食べていると加齢臭の原因ともなるノネナールと言う物質が増加して来る傾向になりますし、タバコは口臭や体臭を強くする原因にもなりますし活性酸素と言う物質も体内で増加する事になります。活性酸素が増加すると加齢臭が強く発生する原因にもなります。
ですから、乱れた生活を続けて行ってしまうと年齢に関係なく加齢臭が強くなってしまう事になります。また健康にも大きく関わってきてしまいますので出来れば不摂生な生活を止めて健康的な生活を送る様にしていく事をお勧めします。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/62/trackback/