加齢臭の臭いと言うのは!

加齢臭の臭いと言うのは!

スポンサードリンク

「加齢臭」の臭いと言うのはどう言う臭いだと思いますか?良く言うのは大体「ロウソク見たいな感じ」「チーズの青臭さ」「ちょっと古い本の様な臭い」と言う様な感じではないでしょうか。こういった臭いだけ聞いているとあまりこの臭いが苦手だと言う方は多くはいないと思います。
本来「加齢臭」と言う言葉は無かったのですが、昔から「オヤジ臭い」「おじいちゃんとかおばあちゃんの臭い」と言う言葉と言うのは存在していたような気がします。加齢臭と言うのは年齢を重ねるとどうしても出て来る物だと思うのですが、この臭いを嗅いでいる方の嗅覚に関して問題が無いとは言いかねないと思うのです。人間の臭いを嗅ぐ能力、つまり「嗅覚」は3~4歳と言った比較的小さい頃に完成してしまうと思います。この頃に自分の周りにおじいちゃんや、おばあちゃんがいて一緒に暮らしていたと言う人にはこの臭いって「嫌な臭い」と言うよりは「懐かしい臭い」だと思うのです。この臭いを嗅ぐ度に昔の事を思い出すのではないでしょうか。
今の世の中、核家族化が進んで来ていて、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らすと言う機会が少なくなっている様な気がします。となるとこう言った臭いと縁が無いような感じになりますので加齢臭が「嫌な臭い」とか「苦手な臭い」と言う様な感じになるのだと思います。小さい頃に育った環境によっても加齢臭の感じ方が変わってくると言う様な感じになると思います。

スポンサードリンク

トラックバックURL

http://www.media-labo.com/archives/65/trackback/