仕事 高齢者

スポンサードリンク

人材銀行

2009年10月05日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年後の高齢者が再び仕事を得るための求人情報を探す手段に、「人材銀行」の利用があります。
人材銀行とは、厚生労働省による中高年齢者の雇用促進の対策として、専門の技術を持った人を有効に活用するための機関…

定年後の高齢者が再び仕事を得るための求人情報を探す手段に、「人材銀行」の利用があります。
人材銀行とは、厚生労働省による中高年齢者の雇用促進の対策として、専門の技術を持った人を有効に活用するための機関です。
1966年に発足し、現在では、札幌、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡に設置されています。
人材銀行には、管理職や技術職、専門的な資格を要する専門職の求人情報が寄せられます。
管理職の代表的なものには、総務、人事、経理、経営管理、倉庫管理、企画、調査などが挙げられます。
技術職の代表的なものには、建設、土木、機械、設備、電気、情報処理、科学などの技術者が挙げられます。
専門職の代表的なものには、医療従事者、教育、社会福祉、通訳、翻訳、デザイナー、記者などが挙げられます。
また、人材銀行の利用条件が40歳以上というのも特徴です。
そのため、集まってくる求人情報の年齢条件が不問だったり高めに設定してあったりします。
求人情報のほとんどが高齢者でも可能な仕事です。
人材銀行を利用するには、仕事を探す地域にある人材銀行に行って求職登録をします。
「求職カード」に職歴や資格、経験した仕事内容などを記入します。
登録後、自分の希望の仕事をリクエストします。
雇用主と求職者の条件が一致した場合に面接が実施されます。
利用できるのが40歳以上と限定されている人材銀行は、専門の技術を持っている高齢者が再就職活動する手段としてはとても便利な存在と言えます。

-->

ハローワーク

2009年10月04日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年後の高齢者が再び仕事を得るための求人情報を探す手段に、「ハローワーク」の利用があります。
ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」といい、省略して「職安」とも呼ばれています。
職業安定法に基づい…

定年後の高齢者が再び仕事を得るための求人情報を探す手段に、「ハローワーク」の利用があります。
ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」といい、省略して「職安」とも呼ばれています。
職業安定法に基づいて、国民に安定した雇用の機会を確保する事を目的として国によって設置された施設です。
ハローワークには、仕事の紹介以外にもいろいろな業務内容があります。
求職者に対しては、就職にあたっての相談や指導、雇用保険の需給手続きなどを行っています。
雇用主に対しては、雇用に関しての国からの助成金や補助金の申請手続きや求人の受理などを行っています。
国によって設置された機関であるハローワークには、事業主が無料で求人募集を出す事ができます。
そのため、大企業を始め中小企業や個人事業主まで多くの分野からさまざまな求人情報が寄せられます。
雇用形態においても、フルタイムだけでなくパートタイムの求人もあります。
都道府県ごとに設置されているため、地元企業の求人情報が多い事も特徴です。
住んでいる地域から通える範囲で仕事を探す場合は、始めにハローワークの求人情報をチェックしてみるといいと思います。
しかし、ハローワークは混雑している事が多いために、高齢者の中には出向くのが面倒だという人も少なくないのではないでしょうか。
ハローワークにはインターネットサービスもあります。
全国に寄せられた求人情報を、インターネットで自宅にいながらにしていつでも好きな時間に検索する事ができます。
年齢や勤務形態、職種、賃金など自分の希望の条件で一度にたくさんの求人情報が得られる、大変便利なサービスです。

-->

資格の重要さ

2009年10月03日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年後の高齢者が再び仕事に就くために、重要なポイントとなってくるのが資格です。
求人情報の応募条件には、年齢や経験、資格があります。
しかし、年齢は偽る事ができませんし、定年を前に実務経験を増やす事も…

定年後の高齢者が再び仕事に就くために、重要なポイントとなってくるのが資格です。
求人情報の応募条件には、年齢や経験、資格があります。
しかし、年齢は偽る事ができませんし、定年を前に実務経験を増やす事も難しいと思います。
そこで注目すべきは資格の取得です。
高齢者の再就職活動を円滑に進めていくためにも、資格の取得はお勧めです。
資格には、「国家資格」「公的資格」「民間資格」の三種類があります。
国家資格とは、個人の能力や知識、技能が一定水準に達しているかどうかを、国が法律に基づいて試験によって判断します。
代表的な国家資格に、弁護士、税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナー、司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者、中小企業診断士、社会保険労務士、システムアドミニストレーターなどが挙げられます。
公的資格とは、国家資格に順ずる資格です。
財団法人や社団法人、日本商工会議所が試験によって認定します。
代表的な公的資格に、ワープロ検定、秘書技能検定、簿記検定、ホームヘルパー、カラーコーディネーター検定、販売士検定、福祉関連資格などが挙げられます。
民間資格とは、民間の企業や団体が任意に与えている資格です。
それぞれの業界の発展と向上を目的としています。
代表的な民間資格に、TOEIC、TOEFL、中国語検定、CG検定、MOUS検定、インテリアコーディネーターなどが挙げられます。
資格を取得する事は再就職において有利にはなりますが、資格を持っていればいいだけではありません。
資格を持っていても経験がないのでは評価を得る事はできません。
これまでの自分が見につけてきたスキルに関連し、今後の仕事に活かせるような資格を取得する事が大切です。

-->

再就職先の探し方

2009年10月02日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年を間近に控えた高齢者が、再就職先を探すにはどのような方法があるのでしょうか。
人脈を使ってコネや紹介で就職する事もできるとは思いますが、ほとんどの高齢者は自分のやりたい就職先を求人情報から選んで応…

定年を間近に控えた高齢者が、再就職先を探すにはどのような方法があるのでしょうか。
人脈を使ってコネや紹介で就職する事もできるとは思いますが、ほとんどの高齢者は自分のやりたい就職先を求人情報から選んで応募し面接してもらう就職活動の形をとる事になると思います。
では、求人情報はどうやって探せばいいのでしょうか。
求人情報を探す方法には、主に次のものがあります。
ハローワークを利用する
人材銀行を利用する
就職・転職情報誌やサイトを活用する
これらの方法にはそれぞれ違った特徴がありますので、多くの方法を有効に利用して数ある求人情報の中から自分に適した就職先を選んで再就職活動していくようにしましょう。
高齢者の再就職において、求人情報を探してみてネックになるのは年齢条件だと思います。
しかし、年齢条件を満たしていない場合でも、資格や技術などのスキルがあれば面接してくれる企業もあるそうですので、諦めずに人事の人に相談してみるといいと思います。
自分のこれまで培ってきたスキルを活かす事ができるか、将来的に続けていく事ができるかなどを考慮して求人情報を探していく事が大切です。
見栄をはらず妥協する事のない仕事を基準に探していくといいと思います。
また、求人情報には年齢不問の仕事が意外と多くあります。
その仕事内容は長距離トラックやタンクローリーなどの大型トラックの運転手や、コンピュータプログラミング、通訳、翻訳など専門的な技術が必要な仕事です。
こういった面からも、定年前に何か資格を持っておくと再就職において有利になるかもしれません。

-->

再就職活動

2009年10月01日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

仕事を得るためには就職活動が必要です。
定年後の高齢者の再就職活動は、通常の新卒の若者が行っている就職活動と基本的に同じと言えます。
自分のやりたい就職先を求人情報から探して、電話やメールで応募して面…

仕事を得るためには就職活動が必要です。
定年後の高齢者の再就職活動は、通常の新卒の若者が行っている就職活動と基本的に同じと言えます。
自分のやりたい就職先を求人情報から探して、電話やメールで応募して面接を受けます。
現在では、インターネットの就職サイトから応募もできます。
応募してから採用までには時間がかかる場合がありますので、定年後すぐに仕事に就きたい場合には前もって再就職活動を行って内定をもらっておくといいでしょう。
また、高齢者の再就職においては年齢条件がある企業があります。
この年齢条件を満たしていない場合でも、資格や技術などのスキルがあれば面接してくれる企業もあるそうですので、諦めずに人事の人に相談してみるといいと思います。
高齢者の再就職で注意しなければいけないのは、謙虚な振る舞いを心がける事です。
企業側の人事担当の人には自分よりずっと年齢の若い人がいると思いますが、面接を受ける時点で自分が新人であるとしっかり自覚しなければいけません。
だからといって、受け身で面接を受けるのではなく、自分のアピールポイントはしっかり述べるようにしましょう。
再就職に限った事ではありませんが、就職活動には履歴書などの書類を提出する必要があります。
転職した事のない人にとっては、履歴書を見たり書いたりするのはかなり久しぶりなのではないでしょうか。
履歴書には決まった書き方というものはありませんが、書式上のルールは最低限守る事が大切です。
履歴書は採用の際の重要書類にもなりますので、書き方一つでその人の印象が変わってしまう事があります。
履歴書の正しい書き方や内容はインターネットで調べる事ができます。
また、就職サイトに登録すると履歴書作成や面接のポイントなど、就職活動における有利な情報を知る事ができます。
就職活動の基本を忘れてしまったという高齢者にはお勧めです。

-->

定年後の勤務形態

2009年09月30日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年後に同じ会社に再雇用してもらって働き続けるか、他の会社に再就職するのかはとても重要な選択だと思います。
今までの仕事にやりがいを感じ、このまま続けていきたいと思う人は再雇用がお勧めです。
しかし、…

定年後に同じ会社に再雇用してもらって働き続けるか、他の会社に再就職するのかはとても重要な選択だと思います。
今までの仕事にやりがいを感じ、このまま続けていきたいと思う人は再雇用がお勧めです。
しかし、再雇用の段階でそれまでの賃金や勤務体系が清算されるので、新しい待遇の条件が悪くなる事が多いと言えます。
再雇用では働ける期間も65歳までと決まっています。
健康で体力があるうちはできるだけ仕事を続けたいと思っている高齢者は、定年の段階で年齢制限のない仕事を探した方がいいでしょう。
高齢者の再就職は、定年の60歳の方が再雇用終了後の65歳で行うよりも断然有利です。
再雇用にしても再就職にしても、自分に無理のないように自分のライフスタイルに合った仕事内容で選びたいものです。
定年後に再雇用や再就職する場合、その勤務形態にはフルタイムとパートタイムがあります。
フルタイムだと生活は今までどおりであまり変わることはないと思います。
定年を機に仕事に費やす時間を少し減らして趣味などに充てたいという人は、パートタイムを選ぶといいでしょう。
また、派遣社員として働くという方法もあります。
派遣社員とは、派遣会社と雇用契約して派遣先の企業で働きます。
正社員として企業に就職するわけではないので、比較的早く仕事に就く事ができると思います。
ただし、これは高齢者に限った事ではないのですが、近年の不況で派遣社員の立場は厳しいものになってきています。

-->

再就職

2009年09月29日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

人生において、定年退職とは一つの大きな転機だと言えると思います。
定年する日が近づくと、誰でもその後の人生をどのように過ごしていくかを嫌でも考えさせられます。
定年を機にのんびり自由な生活を送るのか、…

人生において、定年退職とは一つの大きな転機だと言えると思います。
定年する日が近づくと、誰でもその後の人生をどのように過ごしていくかを嫌でも考えさせられます。
定年を機にのんびり自由な生活を送るのか、再就職をするのか、定年後の人生は人それぞれです。
定年後の主な収入源である公的年金は、原則65歳から給付される事になっています。
公務員や企業のほとんどの定年退職年齢が60歳ですので、65歳までの5年間は無収入の状態という事になります。
公的年金の給付が始まっても、金額によってはそれまでの貯蓄を生活資金に充てていく事になるので、定年後は自分の好きな事をして自由気ままに過ごしたいと思っていてもなかなか現実は厳しいようです。
自分の貯蓄が徐々に減っていき、将来に不安を感じてしまう高齢者も少なくないでしょう。
そんな不安を解消するためにも、健康で体力があるうちは仕事に就いて気持ちの面でも生活資金の面でもゆとりを持って生活する事をお勧めします。
また、定年まで勤めあげた高齢者の中には仕事を生きがいとしていた人も多いと思います。
仕事がなくなったと同時に気力まで失われてしまい、外出したり人とコミュニケーションをとらなくなってしまったという話もよく耳にします。
これでは毎日の生活もつまらないものになってしまいます。
再就職する事によって生活に張り合いが出て充実した毎日も送る事ができますし、規則正しい生活習慣もできますので健康維持にもつながるでしょう。
60歳といっても、まだまだ元気な人は多いと思います。
再就職を検討されてみてはいかがでしょうか?

-->

高齢者と仕事

2009年09月28日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

就職先が決まると安堵感と満足感に満たされるのは、新卒の若者だけに限った事ではありません。
定年後の高齢者の再就職においてもその気持ちは同じです。
就職によって自分がまだ社会の役に立てる事が認められ、再…

就職先が決まると安堵感と満足感に満たされるのは、新卒の若者だけに限った事ではありません。
定年後の高齢者の再就職においてもその気持ちは同じです。
就職によって自分がまだ社会の役に立てる事が認められ、再び収入を得る事ができるのです。
定年という理由で長年働いてきた会社を去る事になったまだまだ元気な高齢者たちにとって、再就職が決まるという事は何とも言えない充実感があるのだと思います。
しかし、現役時代と同じように仕事に打ち込みすぎてしまうのも考えものです。
定年後の第二の人生は、仕事を持ちつつ趣味などで楽しく過ごす事が理想です。
日本以外の国では、定年後の高齢者は仕事からすっかり離れて、趣味やボランティアなどで自由気ままな生活を送りたいと思っている人が多いそうです。
しかし、働き者の日本人の高齢者はそれだけでは物足りなく思ってしまうようです。
日本人の高齢者にとっては、仕事など適度な緊張感のある場と、趣味など自分をリラックスさせてくれる場があってこそ、充実した生活と言えるのではないでしょうか。
定年後も適度に仕事を持って働く事は、身体にもいいと言われています。
65歳以上の高齢者が何もしないでじっとしていると、骨粗しょう症になりやすいというデータも出ています。
最近では、少し体調が悪いくらいで家に閉じこもらず、外に出て人とのコミュニケーションをとった方が老化が進まないという事がわかっています。
これは、身体だけではなく精神面でも同じ事が言えます。
毎日社会の刺激を受けてこそ、脳が活性化されいつまでも元気でいられるのです。

-->

第二の人生

2009年09月27日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

社会の第一線に出て仕事をバリバリこなしている人は、定年後のライフプランなどあまり考えたりしないものです。
しかし、いざ定年が近づいてくると、定年後の第二の人生をどうやって過ごすかを嫌でも考えさせられる…

社会の第一線に出て仕事をバリバリこなしている人は、定年後のライフプランなどあまり考えたりしないものです。
しかし、いざ定年が近づいてくると、定年後の第二の人生をどうやって過ごすかを嫌でも考えさせられる事になります。
まず始めに悩むのが、何か仕事を見つけて再就職するか、年金だけで過ごしていくかの選択だと思います。
年金で気楽に暮らしていこうと思っても、実際のところ少ない年金では慎ましく暮らすしかなく、何もせず家の中でじっとしているだけの生活では人間的にダメになってしまうかもしれません。
だからといって、仕事を探すのにも高齢者を受け入れてくれる就職先はそれほど数がありません。
長年同じ会社で仕事を続けてきた高齢者にとっては、新しい仕事を探すのは至難の技と言えます。
定年後の高齢者が第二の人生として選ぶ仕事内容には、一体どんなものがあるのでしょうか?
あまり体力のいらない仕事
一人でもくもくとするのではなく、人とのコミュニケーションがとれる仕事
何かを任せてもらえるような仕事
やりがいの感じられる仕事
高齢者を見下さない上司のもとで働ける仕事
以上が、高齢者が働くのに適した仕事だと思います。
高齢者が再就職先を探すにあたって、求人広告を見たりハローワークに出向いたりするのもいいですが、最近ではインターネットで仕事を探す事ができます。
「仕事」「職業」「職種」を入力して検索すると、さまざまな求人情報を得る事ができます。
見栄をはったり妥協したりする事なく、自分に合った仕事をじっくり探していくといいと思います。

-->

弁当屋・パン屋

2009年09月26日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「弁当屋」
飲食店での調理経験がある人には、弁当屋の仕事はいかがでしょうか。
弁当屋を開くにあたって大事になってくるのは、主力にする弁当の種類です。
主力商品がどれだけお客さんを惹きつけるかがカギにな…

「弁当屋」
飲食店での調理経験がある人には、弁当屋の仕事はいかがでしょうか。
弁当屋を開くにあたって大事になってくるのは、主力にする弁当の種類です。
主力商品がどれだけお客さんを惹きつけるかがカギになってきます。
季節に応じての新メニューにも力を入れたいところです。
また、フランチャイズに加盟すれば本部で調理指導を受ける事ができるので、高齢者であっても初心者であっても問題ありません。
新メニューも本部の方で定期的に用意してくれます。
最近では、ワゴン車などで移動して販売している弁当屋もあります。
食品衛生責任者の資格が必要です。
仕込みから片付けまで、体力勝負となる仕事です。
「パン屋」
パン作りを趣味としている人には、パン屋の仕事はいかがでしょうか。
パン作りは長時間労働になるので、健康で体力に自信がある人にお勧めです。
お店の開店時間に合わせてパンを準備し、販売します。
閉店後には翌日の仕込みも行います。
基本的な技術はカルチャースクールなどで学べますので、趣味として学んでおいて定年に合わせて開店するといいでしょう。
種類が豊富で個性的な商品があれば、リピーターも増えると思います。
食品衛生責任者の資格が必要です。

-->
次のページ »