アトラクション

空飛ぶダンボ攻略

2009年11月09日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドの人気キャラクターでおなじみのダンボを攻略しよう!!
まずは、東京ディズニーランドの中でも小学生以下の子に大人気のアトラクションである「空飛ぶダンボ」を攻略するための攻略方法をご紹介します。
このアトラクションではかわいいダンボの背中に乗ることが出来ます。
そして、ダンボの上に乗ったまま空中飛行を楽しむ事が出来ます。
高い所が嫌いなお子様以外であれば乗りたがるアトラクションだと思います。
とても人気のあるアトラクションなので、昼も近くなってくると30分以上待つことになってしまうかもしれません。
そのため、朝のうちが狙い目となります。
朝の空いていてお子さんにも元気があるうちの乗ってしまったほうが良いかもしれません。
ダンボにはピンク色、黄色、緑色と3色ありますので、どの色に当たるのか楽しみにしながら列に並ぶこともできますね。
さらに、ダンボの座席の下にあるボタンを操作することでダンボの機体を上下させることができ、とても楽しいですよ。
一つのダンボに乗れるのは2人となっていますが、体の小さいお子さんなら、お父さんとお母さんと一緒に乗っても大丈夫な大きさです。
また、ダンボに乗って出発する前に近くの係員にカメラを渡してお願いしておけば、自分たちの乗っている姿を写真におさめてくれます。
すぐにお願いできるようにカメラは準備しておくようにしましょう!!
所要時間1分30秒と盛り上がっているうちにすぐ終わってしまいますが、楽しい写真も撮ってもらえるので親子共に満足することが出来ると思います。
ちなみに、ダンボの数は10台です!!

ウエスタンリバー鉄道攻略

2009年11月08日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドでは、子供向けのアトラクションがたくさんあります。
次に紹介するアトラクションを攻略して東京ディズニーランドで子供たちも攻略してしまいましょう!!
まず、ウエスタンリバー鉄道を攻略しましょう。
小学生低学年くらいまでのお子さんに圧倒的に人気なアトラクションで、テレビ番組のアンケートなどでも順位はかなり上のようです。
どこの遊園地でもありそうなマメ汽車タイプのアトラクションなのですが、汽車は本当に蒸気で動いていますし、車体も大きいです!!
内容も充実しており、野生動物が住んでいるジャングルジムを通り、ネイティブアメリカンの集落をめぐります。
そして最後には億年前の恐竜の世界へと突入するのです!!
恐竜の世界では最後の場面で右側に恐竜が現れるので右に座るとよりいっそう楽しめるかもしれません。
ただし、恐竜の世界は暗いトンネルのようなところを通り、恐竜もリアルで迫力もありますので、中には怖がってしまうお子さんもいるかもしれません。
恐竜などが苦手なお子様はその時だけ目を隠してあげてもいいかと思います。
所要時間も13分と長いので満足のいく冒険が出来そうです。
定員は144人と乗り物は大きく、形式的にはライドです。
ゆっくりと座って旅することができるので、歩きつかれた子供を連れて行ったり、お父さんやお母さんが少し休憩したりするのにもいいかもしれませんね。
また、座る位置によって迫力や見える景色も変わってくるので、何回か挑戦しても飽きない乗り物です!!
ぜひ一回と言わずに何回もお子さんと一緒に楽しんでください!!

ゆったり休憩アトラクション攻略

2009年11月07日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドでは、どの時間帯でも比較的早く入れるアトラクションもあります。
それを攻略すれば東京ディズニーランドで疲れたとき、少し休憩したいときなどにも活用できます。
このようなアトラクションも攻略して効率よくディズニーを楽しみましょう!!
☆カントリーベア・シアターは所要時間15分30秒です。
☆ミッキーマウス・レビューは所要時間19分です。
☆イッツ・ア・スモールワールドは所要時間9分です。
☆魅惑のチキルームは所要時間12分です。
この4つはゆったり乗っていられるライド系やイスに座って楽しめるシアター系で、所要時間も長いので雨が降ってしまった時や少し疲れてしまったとき、冬の寒いときの暖房目的や、真夏の冷房目的で訪れてみてもいいかもしれません。
一気にアトラクションを回った休憩に一つ挟んでみてもいいかもしれません。
お子さんと一緒にアトラクションを駆けずり回ったお父さんがこのような乗り物で疲れて寝てしまっているなんて光景もたまに見ますよね。
また、次に紹介するのはウォークスルー系の自由に観て遊べるアトラクションです。
お子様が自由に遊ぶことの出来るアスレチック系もあるので、よほど混んでいなければ自由に利用することができます。
☆ミニーの家はミニーのお家を自由に見て回ることが出来ます。
☆トゥーンパークは動物のまたがる事が出来るオブジェ!!
☆ドナルドのボートには滑り台などがあってお子様が遊びやすいですよ。
☆トムソーヤ島は島全体がアスレチック系になっています。
☆スイスファミリー・ツリーハウス
☆チップとデールのツリーハウス

アクティブな人のためのアトラクション攻略法

2009年11月06日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドでアトラクションを短時間で攻略するためには、アクティブな人なら18時~22時の夜遅くがねらい目となります。
昼に混雑していて待ち時間が長いものや準人気アトラクションでも、待ち時間がゼロに近くなります。
アクティブな人のための東京ディズニーランドアトラクション攻略のための具体例をご紹介します。
これを参考にディズニーでの行動を計画してみてはどうでしょうか。
まず、所要時間4分30秒のスターツアーズに乗ります。
その後移動時間3分以内でスペースマウンテンまで移動しましょう。
このスペースマウンテンが所要時間3分です。
そして移動時間3分以内で「ミクロアドベンチャー!」まで移動できます。
所要時間14分で楽しんだ後に移動時間10分以内でプーさんのハニーハントまで移動できます。
そこでハニーハントのファーストパスを発行しましょう。
そこから移動時間15分以内でビックサンダーマウンテンに着けますのでビックサンダーマウンテンに乗りましょう。
所要時間は4分です。
そして移動時間10分以内でスプラッシュマウンテンへ行きましょう。(所要時間10分)
ファーストパスを取ったプーさんのハニーハントまで時間があれば移動時間15分以内でトゥーンタウンまで行けますので、行ってみてもいいですね。
さて、この頃になるとファーストパスを取ったハニーハントがいい頃になると思いますので移動しましょう。
ミクロアドベンチャー!は所要時間14分と少し時間がかかります。
そのため、混雑具合によっては閉園ギリギリの時間帯であれば締め切られる場合もあるので注意してください。

子供の為のアトラクション攻略

2009年11月05日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドではぜひともアトラクションを攻略したいところですよね。
それでは次に、東京ディズニーランド内のアトラクションで数をこなす攻略法を紹介したいと思います。
ファストパスは普通に並ぶよりも早くアトラクションに乗ることができますが、自分の好きなアトラクションであれば、ファーストパスを使うよりも、朝一で並んで乗ったほうが早くて効率がいいかもしれません。
ファストパスを取ったときのその指定時間にそのアトラクションに帰ってくる時間を考えたり、ファストパスでも実質10分前後は待ったりすることを考えると、こちらの方が早いかもしれません。
それでは次に、その例としてお子さんのためのアトラクション攻略方法をご紹介したいと思います。
朝一番で、次のようなアトラクションに挑戦してみてください。
「待ち時間が短そうなもの」、「乗ってからの所要時間が短いもの」、「アトラクションとアトラクションの距離が短いもの」です。
具体的に例を出すと、まずお子さんならアリスのティーパーティーに乗ると所要時間が2分です。
そこからキャッスルカルーセルに乗れば移動時間は1分以内ですみます。
キャッスルカルーセルは所要時間2分です。
そこから移動時間1分以内で空飛ぶダンボまで行くとこれが所要時間1分30秒なので、わずか1時間ほどで3つのアトラクションを攻略してしまうことができます。
お子さんはアトラクションを待っている間にグズってしまったり、すぐに疲れてしまったりするので最初のテンションが高いうちに多くのアトラクションに連れて行ってあげるのもいいかもしれません。
笑顔の写真もたくさん撮れるかもしれませんね。

閉園間際のアトラクション攻略法

2009年11月04日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドでアトラクションを攻略するためには、東京ディズニーランドが閉園する間際が狙い目です。
この時間帯を有効活用してアトラクションを攻略してしまいましょう!!
夜も遅くなってくるとお土産を購入する人や退園する人も増えてくるため、ディズニーランド内の人口密度は激減します。
そこで、アトラクションの待ち時間一気に短くなって、バスのアストロブラスターやハニーハントを除けばほぼ全体で長くても30分待っていれば乗れるアトラクションが増えます。
ディズニーランドが閉園する1時間前ともなると、待ち時間は10分以内になるか、最も少ないものでは全く待たないものまで出てきます。
ということで、ディズニーランドが閉園する2時間前からのラストスパートが大切です。
しかし、ここでやみくもに駆けずり回るのでは意味がありません。
アトラクションを含め、イベント、ショップ、レストラン等の「空き傾向の時間帯」や「混雑傾向の時間帯」を把握しておくことで空いている時間にすいすいと攻略してしまいましょう!!
そうすれば、むやみに動くよりも何倍も得をすることが出来ます!!
それではお土産はいつ買うのかと言うと、アトラクションが混雑している昼間に買っておいて荷物をコインロッカーに入れておくのもありですね。
また、2日あるなら、どちらか一方を夜までアトラクションづくしにして、どちらか一方をお土産の日にしてみてもいいかもしれません。
東京ディズニーランド閉園の間際に上手く連続乗りが出来れば1時間ちょっとで5~8個のアトラクションを攻略することも可能です。

パレード・ショー中のアトラクション攻略法

2009年11月03日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドでアトラクションを攻略するには東京ディスにーランドで粉割れるイベント中に時間帯が狙い目です。
ピンポイントで様々なアトラクションの待ち時間が少なくなる穴場である、イベント中にアトラクションを攻略してしまいましょう!!
まずは昼のパレードですが、昼間に2回ほど行われます。
少しだけパレードに人が流れるので、パレードが開始される1時間前からがアトラクションの狙い目となります。
また、スペシャルイベントは昼間行われるものだけでなく夜限定のものもありますので、パレードにかなりの人が流れます。
こちらもパレードが開始される1時間前からがアトラクションの狙い目となります。
エレクトリカルパレード・ドリームライツといった夜のパレードには場所取りのため、かなりの人が流れますので、こちらもパレードが開始される1時間前からがアトラクションの狙い目となります。
スプラッシュマウンテンなどは、この時を利用して乗れば夜のきれいな夜景や夜の東京ディズニーランドを眺めることが出来、昼間とはまた違った楽しみ方をすることが出来るかもしれません。
このように、パレードやショーが開始される1時間前くらいになると、パレードやショー待ちのために人が流れるのでアトラクションの待ち時間が一時的に短くなります。
「パレードやショー等は何度も見た」という人や「私はアトラクションのほうを重視している」という人などはこのパレードやショー等の時間帯を狙ってアトラクションを攻略してしまいましょう。
1日だけでなく、2日にかけて東京ディズニーラントを訪れるという人はどちらか1日はパレードやショー等の日、どちらか1日はアトラクションの日などと区別して楽しむのもいいかもしれません。

アトラクションの時間帯的攻略法

2009年11月02日東京ディズニーランド 攻略コメント&トラックバック(0)

東京ディズニーランドを攻略するためには東京ディズニーランド内のアトラクションを攻略することが先決です。
その攻略方法をご紹介しましょう!!
まず、アトラクションというのはお昼から夕方にかけての時間帯が一番混雑しやすく、待ち時間も長くなります。
ここで、「ディズニーランドは混雑しているものだから」と我慢して並んでしまうのは非常にもったいないです。
人気のアトラクションなどは特に混雑している時間帯を避けるようにして乗るか、ファストパスを活用するようにしましょう!!
アトラクションの回り方を攻略すれば攻略できるアトラクションの数も格段に増えます!!
それでは次にアトラクションの混雑状況やアドバイスなどを時間帯ごとに紹介していきたいと思います!!
8時~9時は比較的アトラクションは空いています。午後から混雑する可能性のある人気アトラクションから乗っていきましょう!!そしてこの時ファストパスも発券しておくとよいでしょう。
10時~11時は少し列に人が並び始めます。午後からは疲れてしまいやすいお子さんの希望する乗り物に乗ったり、一度に大勢が入れるアトラシクョンに乗ったりするのも良いでしょう。
12時~17時は最も混雑する時間帯となりますので、アトラクション以外を楽しむかファストパスを活用するのが良いでしょう。
18時~20時少し混雑がマシになってきます。準人気アトラシクョンを狙いましょう。スペースマウンテンやスター・ツアーズが急に空いてきます。
21時~22時待ち時間がほとんどありません。所要時間の短いものや小型のもの、さらに隣接しているものを連続して乗るとたくさんの乗り物に乗れます!!