キャッシングローン

クレジットカード決済のメリット

2009年08月20日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

実際にどんなメリットを、クレジットカードによる決済によって得ることができるのでしょうか。例えば、ゴルフが趣味の方向けのクレジットカードがあります。ゴルフ用品が安く買えたりゴルフ場の利用が安くなったり、打ちっ放しを会員価格で利用出来たりと、クレジットカード決済のメリットがあります。この他にも便利なクレジットカードとして、妊婦さんや赤ちゃんがいる方にとって良いものがあります。今後の育児に大切なサポートがあり、クレジットカード決済だと入院費用支払いを先に延ばすことが可能ですので、出産準備で出費を控えている方にはありがたいサービスではないでしょうか。更に携帯料金が高くて困っている方にメリットがあるクレジットカードもあるようです。毎月の携帯料金の支払いを、携帯をたくさん使っている人がクレジットカード決済にすると、さまざまなメリットを受けることができるものです。20代向けのクレジットカード、ゴールドカード、プラチナカード、学生専用カード、女性専用カード等、いろいろなメリットがあるクレジットカードがあります。最大のクレジットカード決済のメリットは、ポイントがたまっていくことではないでしょうか。クレジットカードを使って決済が可能な全てのショップでのカードの使用ともにポイントがたまっていきます。ポイントが、スーパーやドラッグストアのポイントカードのように利用店舗が限られるものよりも溜まりやすいことも大きなメリットです。クレジットカードの決済を上手に活用して、メリットを最大限に享受したいものですね。

クレジットカードの決済について

2009年08月19日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

おなじみのクレジットカードの決済とはどんな特徴があるのでしょうか。インターネットのオンラインショップや小売店などで、クレジットカードで売買時の決済をすることをクレジット決済と呼びます。このクレジットカード決済は、実際に使用する人にとってはとても手軽で魅力があるものでしょう。とはいえインターネットの場合は、セキュリティを踏まえたシステム面の問題や個人情報流出問題なども避けることはできません。インターネット上でクレジットカード決済するときには、カード番号等の入力が必要になります。これにより、オンラインショップのほうは安全性の高いサイト作成をしようと努力しているといいます。今日本では約3億枚というたくさんのクレジットカードが発行されています。1人あたり4枚のクレジットカードを持っている事に、日本の労働人口から計算するとなるということです。今やほとんどの小売店、たとえばコンビニ、書店、スーパーマーケット、ガソリンスタンドでは、クレジットカードが使えます。そればかりか、クレジットカードを持っていないと一部のホテル、レンタカー、スポーツクラブでは、決済出来ない場所もあるといいます。クレジットカードを持っていない人は、現在の日本では少ないでしょうし、普段の消費生活においてクレジットによる決済も、当たり前になりつつあります。便利なクレジットカード決済へ現金払いから移行することは、これからもっといろいろな業種やサービスへと拡大するのではないでしょうか。

信販系カードローンの情報

2009年08月18日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

信販系カードローンの情報収集が大切なのはどうしてでしょうか。消費者金融連絡会から発行されている白書によると、新規の平均借入額は16万5000円となっています。でもどんな人でも申し込みをしたら絶対に借りられるとは限らないのです。あるデータによると、契約が成立したのは借り入れの新規申込数のうち5割弱で、半分くらいの人が利用出来なかったといいます。まだまだ不景気感のある日本では、借金を重ねて、支払いが困難になり自己破産するなどの多重債務状態に陥る人が増加しているようです。借金の利用者は国の対策本部の資料によると約1400万人で、その内多重債務者が200万人になっているという事実があります。急なリストラや病気等やむをえない理由もありますが、なんとしても避けたいことがあります。それは信販系カードローンも含めて、無計画で安易な利用による借金や、借金を返す為の更なる借金という状況です。万が一利用の仕方を間違えると、信販系カードローンはとても便利な金融サービスとはいえ多重債務になってしまうこともあるでしょう。審査が厳しい、使用目的が限られている、借入限度額が多いなど、信販系カードローンは一般的に借りにくい金融商品ほど金利が低くなる傾向があります。やむおえず信販系カードローンを使う場合には、情報収集をしっかりとしてからにすることです。生活を豊かにする一手段として信販系カードローンを上手に活用するようにしましょう。

信販系カードローンの返済方法

2009年08月17日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

どのようにカードローンとキャッシングは違っているのでしょうか。今までキャッシングは翌月一括払い、カードローンはリボルビング払いという返済方法の部分で異なっているといわれていました。ですが最近リボルビング払いできるキャッシングがたくさん登場しているのです。このごろあまりカードローンとキャッシングを使い分けることはないようです。借入方法や返済方法等にも、カードローンでは各社工夫を凝らしており、特色のあるものが増加しているといいます。金利、審査機関、借入限度額等の他、自分にあった返済方法を選ぶtことが出来るかどうかも、信販系カードローンを選択する場合には大切なポイントとなってくるでしょう。残高スライド、定額、ボーナス併用等がリボルビング払いの中にもあり、臨時返済手数料が無料の信販系カードローン、返済日を返しやすい日に出来る信販系カードローンなどがあります。インターネットバンキング、コンビニ、銀行振込から返済方法を選ぶことが可能な信販系カードローンもおすすめです。これらのように、返済方法は信販系カードローンの中でも多岐にわたります。カードローンは、自分にあった返済方法を選ぶことの出来るものを選択しましょう。カードローンを利用する際には、支払う利息を具体的にイメージして利息の大きさを検討しましょう。支払い計画をしっかり立ててから信販系カードローンを申込むようにしましょう。

信販系カードローンの基礎知識

2009年08月16日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

信販系カードローンとは何でしょうか。まずはじめに、割賦販売法には信販会社の狭義の定義はどうなっているのでしょうか。分割払いで加盟店から購入できる様なクレジットカードを発行する会社で、正確には総合割賦購入あっせん業者と呼ばれる金融業者の事です。カードを信販会社が発行するには、割賦購入あっせん業者登録簿に登録を受けた法人であることが必要な条件だということです。今日では、大手信販会社の主力業務は、個品割賦購入あっせん契約といわれる債権買取契約になっています。誰でも個品割賦購入あっせん契約については、自由に開業することが可能です。割賦販売の取扱を、小売店と消費者の間に存在して行う業者を総称して、信販会社と呼ぶ場合もあります。カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードを利用して指定された銀行口座を通じ、CDやATM等から一定の限度額の範囲内で自由に繰り返し借りる事が出来る融資の事をいいます。ほとんどの場合、カードローンの返済方法は一括払いではありません。分割払い、リボルビング払いのシステムとなっています。このカードローンは、消費者金融系カードローンや銀行系カードローンが信販系の他にあります。信販系カードローンというのは、低金利な商品や大口融資可能な商品がたくさんあるというのがポイントです。

日本政策金融公庫の無担保融資

2009年08月15日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

無担保の融資を行っている金融機関としては銀行や消費者金融が主ですが、その他には日本政策金融公庫があります。日本政策金融公庫は、株式会社日本政策金融公庫法に基づいて2008年に設立されました。かつての中小企業金融公庫の事業用資金の長期融資を引き継いでいます。日本政策金融公庫では教育に関する一般貸付も行っており、教育ローンを組むこともできます。とはいえ、融資には返済能力が見込める対象に限ります。融資には税金が使われているからです。日本政策金融公庫の審査は待ち時間が長く、全般的に厳しいのは、このような事情からです。日本政策金融公庫で受けられる無担保融資には新創業融資制度があります。新創業融資制度は、保証人も担保も必要ありません。事業計画の的確性が認められれば、事業を開始しようとする人に対して融資が認められます。新創業融資制度を使えば、無担保の融資を、保証人を立てることなく利用できるという嬉しい制度なのです。ですが、新創業融資制度での融資を受けるには定められた条件を満たす必要があり、融資限度額は最高1,000万円と定められています。日本政策金融公庫の金融商品には、同じようなものとして担保と保証人が求められる近畿開業資金というものがあります。担保や保証人の存在がいかに大事かは、新規開業ローンの限度額が最高で7,200万円になることからもわかります。日本政策金融公庫に確認することで、無担保で保証人を必要としない融資のための条件等をチェックすることができるでしょう。

中小企業向け無担保融資

2009年08月14日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

中小企業向け無担保融資について。キャッシングのような個人向け小口融資は無担保であることがほとんどですが、高額な融資の中にも無担保で受けられる融資があります。銀行は、中小企業に対する融資を無担保で行うことがあります。これを中小企業向け無担保融資といい、担保がなくても銀行から融資を受けることが可能です。銀行が経営の安定化のために自社の資本比率を上げなければならなくなった、早期是正措置が導入された頃があります。自己資本比率を高めるのには融資を減らすことが一番早い方法です。一時期、銀行は不良債権のリスクの高そうな会社への融資を減らすことによって、自己資本比率を上げ経営を安定させようとしました。これが耳にする、貸し渋りという状態です。貸しはがしも背景にある事情は同一のものです。既に融資してある金銭を積極的に回収することで融資を減らすという方法をとるものです。銀行側としては、最近は利益向上のため融資を行いたいと考えている面があるので、中小企業向けの無担保融資は拡大の方向にいくのではないでしょうか。実際のところ、中小企業向け無担保融資にどれくらいの融資をあてているかは、各銀行によって違います。どんな使い道に対して中小企業向けに無担保融資をするかも色々です。運転資金や追加資金のためにも、経営を安定化させるためにも、中小企業向け無担保融資があれば中小企業にとって心強いことは違いありません。

無担保融資とは

2009年08月13日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

担保なしでお金を借りたい時は、無担保融資を利用するといいでしょう。金融機関でまとまった金額を借り入れる時は、契約時に担保が必要となることがあります。金融機関からの融資を受ける際、何らかの理由で返済ができなくなった時の予防的措置として提示しておくものが担保です。これが、将来的に発生しうる不利益を補う保険となります。何らかの要因で返済の続行が不可能になった場合、お金を借りた人が所有している財産は競売などでお金に換えられ、それを貸した側が応分によって分配する取り決めをしておきます。この時、約束の対象となった財産が担保です。高額ローンを組む場合の担保はそれなりに高いですから土地や家にしなけりばなりませんが、現在では、絵や貴金属なども担保として使えます。基本はそれにつく値段の問題となります。担保なしで金銭を貸してもらえる金融商品もあり、これを無担保融資といいます。キャッシングローンなどの個人向け融資は、担保不要の無担保融資です。担保なしでの金銭の貸し借りになりますので、住宅ローンのような高額融資にはなりません。消費者金融によるキャッシングは額が少ないから可能ですが、それ以外では無担保での貸し付けは難しいでしょう。無担保でありながら高額な融資を提供するような金融会社からの融資は一考する必要があることは想像に難くありません。簡単に考えても無担保でありながら高額な融資ができるのには、金利が高い等のデメリットもあるので、しっかりと比較検討することをおすすめします。

銀行でまとめローンを利用する前に

2009年08月12日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

他社借入件数が増えて返済が苦しくなった時にまとめローンを使うことは数々の利点がありますが、返済プランがわかりやすくなり気持ちに余裕ができる反面、弱点もあります。まとめローンの安易な借り入れは大きな間違いでもあるので注意が必要です。まずは出来るだけ信用の置ける金融機関と契約を交わすことです。まとめローンは銀行だけの専売特許ではなく、他のノンバンクでも扱っているところはあります。まとめローンに限らず、銀行の扱うキャッシングローンは総じて審査基準が高めで時間がかかります。返済に追われているような人は、融資が受けられないかもしれません。専門家に話を聞いて、どうすべきかアドバイスを受けてもいいでしょう。非合法業者には整理屋という存在もあるので、要注意です。困っている時に、返済が楽になるからという甘言に乗せられ、手数料の名目で相当の金額を巻き上げられて返済はきつくなるぱかりという展開もあります。金利が高いところや積極的にまとめローンを打ち出しているところほど、まとめローンの審査が通りやすくなっている場合もあります。まとめローンで何かできるのか、どんな利点があるのかには、あらかじめ確認するといいでしょう。複数社からのキャッシング融資をひとまとめにできるまとめローンは、融資を行う金融会社によって内容が違います。まとめローンとはどういったものなのか把握した上で、銀行の融資を受けてください。

銀行によるまとめローンの審査について

2009年08月11日キャッシングローンコメント&トラックバック(0)

数社からのキャッシングローンを利用している人は、まとめローンは融資を一本化するためにあるのだから簡単に貸してもらえるものと思うかもしれません。銀行からのまとめローンは、申し込めばすぐ使える都合のいいものではありません。まず、まとめローン融資を受けるには銀行審査が必要です。ローンを組んだ後できちんと返済できるかどうかが見極められるのです。安定した収入を持たないパートや家庭の主婦の場合、まとめローンの申し込みをしても断られることが多いかもしれません。主婦やパートの場合、安定収入があったとしても社会的な理由で融資を受けられないこともあります。まとめローンを使いたいという強い意志があるときは、直接銀行に相談してみてください。状況によっては銀行の審査を通り、まとめローンを利用出来るかもしれません。まとめローンの融資を希望する時は、多少条件が厳しくても諦めず、事前調査をしてから銀行に出向いてください。まとめローンの審査では、返済意思の強い顧客かどうかも銀行は注意します。これまでのキャッシングで延滞歴があるという人は厳しいかもしれません。キャッシング利用履歴を確認した時に、過去に延滞経験がある人はそれを理由に断られることもあります。それくらい信用情報とは審査で重要なのです。これまでに返済不能状態に陥ったことのある人は、審査には通りにくいでしょう。銀行とまとめローンの申し込みを検討する場合には、今までの借り入れや返済内容を振り返って、信用してもらえるような状況に改善することをおすすめします。

次のページ »