仕事

ファイナンシャルプランナー・消費生活コンサルタント

2009年09月25日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「ファイナンシャルプランナー」
ファイナンシャルプランナーとは、顧客それぞれの人生設計に合わせて資産計画を立てる仕事です。
金融に関しての専門的な幅広い知識が必要になります。
ファイナンシャルプランナーになるには、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)、CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)の資格が必要になります。
現在、日本FP(ファイナンシャルプランナーズ)協会が認定するこれらの資格を取得している会員数約13万人のうち、60歳以上の高齢者は4500人いると言われています。
金融や不動産関連の仕事をしていた人が、在職中に資格を取得したケースが多くみられます。
顧客が頼れる金融のプロとなって活躍できる仕事です。
「消費生活コンサルタント」
消費生活コンサルタントとは、消費生活に関する相談者の問題解決に努める仕事です。
日本消費者協会が認定している資格です。
必要に応じて、消費者の意見を行政や企業に提言したりします。
人の相談を親身に聞く事ができ、交渉する事が得意な人に向いている仕事です。
相談者に高齢者が多い事から、日本消費者協会側では定年後の高齢者の消費生活コンサルタントを望んでいます。
消費生活コンサルタントの資格が必要です。

配食ボランティア・保護司

2009年09月24日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「配食ボランティア」
手際よく料理をする事ができる人には、配色ボランティアの仕事はいかがでしょうか。
配色ボランティアとは、一人暮らしの高齢者の家庭に行って食事を作ったり、お弁当を届けたりする仕事です。
食事だけではなく、高齢者の話し相手も務めます。
定年後の人生を社会奉仕に貢献したい人にはお勧めの仕事です。
収入の方はさほど期待はできませんが、やりがいのある仕事として多くの高齢者が取り組んでいます。
配色ボランティアの仕事をするのに特に資格は必要ありませんが、栄養士や調理師の資格があると有利です。
「保護司」
保護司は、非行や罪を犯した人を社会復帰するために指導していく仕事で、非常勤の国家公務員です。
刑務所から出所した人が、社会生活にすんなりなじめるように手配し、報告書を月に1回保護観察所に提出します。
行動力と責任感があり、人とのコミュニケーションをとるのが上手な人にお勧めの仕事です。
現在保護司をしている人の平均年齢は63歳と高く、約7割の人が60歳以上の高齢者です。
保護司の仕事は、どちらかというとボランティアに近いので報酬はありませんが、活動にかかった費用は支給されます。
犯罪者の再犯を防ぎ、街の安全を守る仕事です。

ホームヘルパー・生涯学習指導者

2009年09月23日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「ホームヘルパー」
ホームヘルパーは、障害者や高齢者のいる家庭に訪問して、炊事や洗濯などの家事や入浴などの手伝いをします。
近年、高齢者社会が進み注目を集めている仕事です。
ホームへルパーには資格が必要ですが、所定の時間の講習を受けるのみで取得する事ができ試験などはありません。
ホームヘルパーの資格を持っていれば、仕事としてはもちろん家族の介護にも役立ちます。
社会福祉団体や民間企業に所属して仕事の依頼を受ける形になります。
介護が仕事なので、体力勝負となります。
「生涯学習指導者」
サークルのような人が集まるところが好きだったり、人に教える事が好きだったりする人は、生涯学習指導者の仕事がお勧めです。
生涯学習指導者とは、博物館や公民館などで講座を開く仕事です。
指導する内容は文化や芸術などさまざまで、自分の得意分野の知識を活かす事ができます。
教育委員会に登録して仕事の依頼を受けたり、自分でサークルを作って活動したりします。
定年後の高齢者の新たな生きがい作りとして人気のある仕事です。
生涯学習インストラクターなどの資格が必要です。

シニア海外ボランティア・留学生受け入れ

2009年09月22日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「シニア海外ボランティア」
シニア海外ボランティアは、国際協力機構(JICA)の事業の一環として開発途上国に赴いて現地の人を支援する仕事です。
任期は1ヶ月~2年で、募集されている職種は900種類にも及ぶと言われています。
健康で体力に自信があり、忍耐力や順応性がある人に向いた仕事です。
シニア海外ボランティアの参加者のうち、約半数が定年後の高齢者です。
任地に家族を伴う事ができるので、家族みんなでボランティアに取り組んでいる家庭も少なくありません。
ボランティアなので原則として報酬はゼロですが、住居費や生活費はJICAから支払われます。
職種により資格が必要になります。
やりがいのある仕事なので、チャレンジ精神が旺盛な人にはお勧めです。
「留学生受け入れ」
留学生受け入れとは、その名のとおり海外からきた留学生を家族として家に迎え一緒に生活します。
アットホームで細かい事を気にしない家庭環境の持ち主が向いています。
お客様としてではなく家族として留学生を迎え入れるので、普段の生活をそのままするだけで負担もありません。
子育てを終えた高齢者夫婦が、空いた部屋に留学生を受け入れる場合が多いようです。
日本の文化や習慣にも詳しい高齢者の家庭は、日本の勉強に来る留学生にはピッタリの環境だと言えるでしょう。

整体師・警備員

2009年09月21日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「整体師」
整体師は、指圧や電気などで筋肉をほぐしたり、ゆがんでいる骨を調整したりする仕事です。
最近では、骨と神経を調整するカイロプラクティックや足つぼなどのリフレクソロジーなども人気です。
接客の経験があり、人を思いやる事のできる人に向いている仕事です。
整体師の1割弱が、50歳以上の高齢者だと言われています。
整体師になるには、専門学校に通ったり通信教育で技術を学んだりする必要がありますが、技術さえあれば資格はいりません。
自宅で行えば資金も抑える事もできます。
「警備員」
健康で体力に自信にある人には、警備員の仕事がお勧めです。
警備員は年齢制限も高いので、体力に問題がなければ定年後の高齢者の就職先として適していると言えます。
仕事の内容は、交通誘導から施設の安全管理までさまざまです。
街や施設の安全を守る責任感のある仕事ですので、やりがいも感じられるでしょう。
警備員の仕事をするには、警備員派遣会社に登録して仕事の依頼を受けます。
警備員になるのに特別な資格は必要ありませんが、警備員資格があるとより有利に仕事に就けると思います。

コインパーキング経営・コインランドリー経営

2009年09月20日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

「コインパーキング経営」
土地を持っている人には、コインパーキングの経営の仕事はいかがでしょうか。
コインパーキングを経営している高齢者には、実際にコインパーキングを経営するのではなく企業に土地を貸して経営してもらうという形をとっている人が多いようです。
企業に一任しておけば、コインパーキングの設営から運営まで全てを取り仕切ってくれます。
コインパーキングの経営を行っているのは、定年前後の高齢者の方が多いそうです。
土地を持っていれば資金の必要もありませんし、リスクが少ない土地の活用法と言えるでしょう。
「コインランドリー」
自分の土地を有効に使おうと考えている人には、コインランドリー経営の仕事がお勧めです。
最初に設備を整えてしまえば、あとは一日数回店舗を清掃するだけの手のかからない仕事です。
専門知識も体力もいらない仕事ですので、定年後の高齢者には適しているでしょう。
コインランドリー経営の魅力は、大きな資金は必要なく小さなスペースでできるというところです。
退職金の一部で気軽に始める事ができます。
コインランドリーを経営するにあたっては、保健所への申請が必要になります。

タクシードライバー・運転代行業

2009年09月19日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

運転する事が得意な人には、「タクシードライバー」や「運転代行業」仕事がお勧めです。
タクシードライバーは勤務体系が不規則になるので、健康管理がしっかりできて体力がある人に向いている仕事だと思います。
お客さんを乗せて走る以外にも、洗車や売り上げの計算などの仕事があります。
勤務時間が長いため、一日走って一日休みという勤務が多いようです。
タクシードライバーは65歳くらいまで求人があるので、定年後の高齢者の再就職先によく選ばれる仕事です。
実際、タクシードライバーの7割近くが50歳以上の高齢者です。
普通自動車第二種免許が必要です。
最近は介護タクシーも増えてきているので、ホームヘルパーの資格も併せて持っていると重宝されるでしょう。
運転代行業の仕事は、お酒を飲んだお客さんの代わりにお客さんの車を運転して自宅まで送り届けます。
飲酒運転の厳罰化により誕生した、最近注目の仕事です。
土地勘があり方向感覚がしっかりしている人に向いています。
時には、酔っ払ったお客さんとの会話も必要になります。
運転代行業を始めるのには、まず運転代行会社に登録します。
歩合制をとっている会社が多いので、天候や時期、地域などで売り上げが変わってきます。
普通自動車第二種免許が必要です。

ハウスクリーニング・クリーニング店

2009年09月18日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

ハウスクリーニングの仕事は、普通の手伝いのような清掃からカビや脂汚れなどの特殊な専門知識が必要となる清掃までさまざまです。
一般家庭から店舗、会社、公共施設などいろいろな場所の清掃をします。
知らない人の家や建物に入って行うので、信頼が必要となる仕事です。
電話と掃除道具、そして移動する車さえあればハウスクリーニング業を営む事はできます。
始めに派遣業者と契約して掃除に関する知識をいろいろ習得してから独立するといいと思います。
「クリーニング店」
クリーニング店の経営は、比較的収入の安定した仕事です。
洗濯物の選択表示を見てそれぞれのクリーニング方法を選んでいくので、衣類のデザインや素材などの専門知識が必要になってきます。
また、洗濯や染み抜き、アイロンなどのクリーニングのほかに、衣類を雑菌から守るために店の衛生管理も行います。
クリーニング店を経営するには、クリーニング師の資格が必要です。
専門学校に通って技術を身ににつける方法もありますが、近くにあるクリーニング店や工場で働きながら試験に臨む人が多いようです。
クリーニング店の経営者の9割以上が50歳以上の高齢者です。

ペンション経営・アパート経営

2009年09月17日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

定年後は自然に囲まれてのんびり過ごしたいという人は、ペンション経営の仕事はいかがでしょうか。
積極的な性格で人と話す事が好きで、料理の腕に自信がある人にはお勧めです。
ペンション経営は、リゾート地にペンションを建てて接客と経営を行う仕事です。
お客さんを獲得するために、広告を載せたりホームページを作ったりする事も必要になります。
ペンション経営をしている高齢者は、全体の1割ほどいるそうです。
コンサルティング会社に依頼すれば、ペンション経営までの相談もできますので安心です。
食品衛生責任者の資格と、旅館業の許可が必要です。
「アパート経営」
身体に負担をかけるような長時間労働はしたくないけれど、子供達に財産を残してあげたいという人にはアパート経営がお勧めです。
土地を持っている人には、資産運用の方法として有効なのではないでしょうか。
アパート経営の仕事には、入居者の募集や管理、また税務がありますが、高齢者が経営している場合にはこれらの日常業務は不動産会社や税理士に任せている人が多いようです。
アパート経営は土地を持っている人のための仕事だという印象を持たれがちですが、不動産の将来の価値を判断基準にした融資が行われるようになったので、最近では高齢者の人でも融資が受けやすくなりました。

カフェ・移動式ショップ

2009年09月16日仕事 高齢者コメント&トラックバック(0)

接客や調理の仕事の経験があり、掃除や整理整頓が得意な人にはカフェの仕事はいかかでしょうか。
現在、カフェにはコーヒー主体だったりたくさんの種類の紅茶が用意してあったり、軽食が豊富だったりさまざまなスタイルのカフェがあります。
店内の雰囲気、食器やインテリアなど自分の個性を存分に発揮できると思います。
カフェを開いている人の6割以上が45歳以上だと言われており、高齢者の人も多く活躍しています。
自宅を改装して店舗にすれば、少ない資本金でカフェを開く事ができます。
食品衛生責任者の資格が必要です。
「移動式ショップ」
お店を開きたいのだけどそれだけの資金がないという人には、移動式ショップの仕事がお勧めです。
移動式ショップは、路上や広場などの人がよく集まる場所に車で販売する仕事です。
パン、たこ焼き、焼き鳥、クレープなどそのジャンルはさまざまです。
仕事のキャリア等関係なく始められるところが、移動式ショップの特徴です。
移動式ショップを開業している人の約1割が、定年した後の高齢者だそうです。
やる気があれば、売り上げはどんどん上がると思います。
お客さんとの距離が近い仕事なので会話を楽しみながらリピーターを増やしていくのもいいでしょう。
普通自動車運転免許、食品衛生責任者の資格が必要です。

« 前のページ次のページ »