原因

骨盤の歪みの原因

2010年01月22日骨盤ダイエットコメント&トラックバック(0)

骨盤の歪みはどうして起きてしまうのでしょうか。
他の骨のように、関節で大きく動くことのない骨盤がずれてしまうのは、何が原因なのでしょう。
骨盤ダイエットで歪みを矯正すると同時に、歪みの原因を知ることで、ゆがみそのものが起きないようにしていくことも大切です。
人間は直立歩行をすることで、飛躍的な進化を遂げ、いろいろな身体能力を得ることになりました。
同時に、四足歩行の時には肩・背中・腰と分担して支えていた身体の圧力が、骨盤に集中することになりました。
私たちは日常、左右均等に身体を使うことはほとんどありません。
何気ないクセやしぐさによって、身体のどちらか一方に負担がかかっています。
それは、立っているときに必ずどちらかに寄りかかっていたりとか、足を同じ方向で組んだりとか、食事の時はいつも同じ側の歯で噛む、バッグを持つ手がいつも決まっているなど、そういう無意識で行っている何でもないことです。
身体のバランスは、これらのことが毎日繰り返されることで、崩れていきます。
運動不足などによる筋力の低下は、こうしたバランスの崩れを支えることが出来なくなり、身体の圧力の集中する骨盤は、徐々にゆがんでいきます。
骨盤の歪みの一番の原因は、こうした日常生活におけるバランスの崩れとされています。
ほかにも、サイズの合わない下着や靴による足への負担などもあります。
出産やストレス、老化も、歪みの原因となります。
骨盤ダイエットは、歪みそのもの矯正にも効果がありますが、骨盤周りの筋力の向上も期待できます。

加齢臭を強くする原因は不規則な生活習慣

2009年04月26日加齢臭コメント&トラックバック(0)

加齢臭と言うのは、誰にでも年齢を重ねれば出て来る物なのですが、その臭いの程度には個人差があります。例えば50歳を過ぎているのに殆ど臭わない方もいれば、40歳そこそこの人なのにかなり加齢臭を感じてしまう人もいるのです。これには本来の体質も関係しているとは思うのですが、原因の中には生活習慣がかなり関わっていると言う場合もあります。
ここで、ちょっとどう言う生活習慣が加齢臭の原因になるのかと言うのを説明してみたいと思います。
例えば生活習慣病ってご存知でしょうか?食生活も肉中心で野菜を食べないとか、ヘビースモーカーだったりとか、お酒をよく飲んでいたりとか仕事もストレスが溜まりっぱなしで発散をしていないとかそう言う様なバラバラな生活を送っていると生活習慣病になりやすいと言う事は殆どの方が知っているのではないかと思います。加齢臭が出てしまう原因やカラクリと言うのも実はこう言う様な生活習慣病のカラクリとよく似ているのです。
例えばですが、お肉ばかり食べていると加齢臭の原因ともなるノネナールと言う物質が増加して来る傾向になりますし、タバコは口臭や体臭を強くする原因にもなりますし活性酸素と言う物質も体内で増加する事になります。活性酸素が増加すると加齢臭が強く発生する原因にもなります。
ですから、乱れた生活を続けて行ってしまうと年齢に関係なく加齢臭が強くなってしまう事になります。また健康にも大きく関わってきてしまいますので出来れば不摂生な生活を止めて健康的な生活を送る様にしていく事をお勧めします。

加齢臭とストレス

2009年04月25日加齢臭コメント&トラックバック(0)

現代はストレス社会と言われている程ストレスと言うのが誰にでも蔓延していると思います。
特に男性は40代にもなれば、会社での立場もある程度責任がある立場になっているでしょうし、家庭での立場も大黒柱として責任を持たなくてはたらない立場になっているでしょう。この様に職場でも家庭でも責任が出来るとなるとどうしてもストレスを感じざるを得ないと思います。
そんなストレスと加齢臭には深い繋がりがあるようです。では、何故そんなストレスと加齢臭が関係あるのかと言うと、人間の身体の中ではストレスを感じると活性酸素が身体の中で増えてしまいます。
加齢臭の原因となる物質、ノネナールが発生してしまうには過酸化脂質がある事が原因となっているのですが、活性酸素が体内で増えると過酸化脂質も増えてしまい加齢臭が発生してしまうと言う事になります。
ですから活性酸素が増えると加齢臭も強く出る様になるので、ストレスが溜まると加齢臭も酷くなると言う図式が成り立つのです。
例えば自分からもしかして加齢臭が出ていて、周りの人が感じているかもしれないと思うと嫌だなって思う事自体がストレスになってしまいますので、加齢臭の臭いを強くしていると言う事になります。
人間年齢を重ねる事は仕方がない事だと思います。ですから加齢臭も出てきてしまうのも仕方がない事だと思います。更にストレスを感じる事も仕方がない事なのでいかに上手くストレスと付き合っていくのか、気にしない様にして生活するようにするのかを考えて生活していく方がいいと思います。

加齢臭と口臭について

2009年04月22日加齢臭コメント&トラックバック(0)

加齢臭と口臭は同じ臭いなのですが、その原因となっている物は全く違うと言っていいと思います。原因は違いますが、加齢臭、口臭、体臭等は他人にとっては不快と感じる臭いだと思っていいと思います。
また加齢臭は一般的に40代以降の特に男性に多く出ている傾向があるみたいです。調度働き盛りの方達に向かって「あなたから加齢臭が出ている」なんて言われたくないですよね。自分はそんな事言われても気にしないようにしていると思うのもいいとは思うのですが、例えば接客業や営業等、人と接する仕事をしている人はそれでは困ると思います。出来るだけ加齢臭がしないように気を付ける努力をしてみても良いと思います。
では先程も話した口臭との違いですが、加齢臭の発生する原因は脂肪酸が酸化する事により発生する「ノネナール」と言う臭いの物質が出てきて、加齢臭独特の臭いが出る様になっています。
反して口臭の原因となっているのはいくつかあり、例えば臭いがある食べ物を食べた場合に胃から出て来てしまう臭いが原因となっている場合、何も食べていない場合でも胃酸が出て口から臭いが発生してしまいます。また虫歯や歯周病等口の中が原因で口臭が発生する場合があります。後は舌に汚れがある場合でも臭いがします。これは舌に苔があると言う状態の時に発生してしまいます。
口臭は唾液によってある程度消臭してくれるのです。ですから朝起きた時口臭が強く感じてしまうのは唾液が無いからと思っていいと思います。

加齢臭に注意しよう

2009年04月06日加齢臭コメント&トラックバック(0)

加齢臭と言う言葉、年齢が40歳以上の人にとってはちょっと気になる言葉かもしれません。
加齢臭の原因となる活性酸素は20代~30代の場合、抗酸化作用がある酵素が働いている為に抑制されていますので、加齢臭が発生する事はないのです。
しかし、40歳代に突入すると急にこの酵素が体内から減少してしまう為に身体の中で活性酸素が暴れまくってしまう事になります。
こういった状況になってくると体内で老化が始まってきていると言う事になるのですが、活性酸素が暴れると脂肪酸の酸化が進んできたり、過酸化脂質もたくさん作られるようになったりします。
こういった身体の変化は男女で差があるみたいで、男性の場合には40歳を過ぎた辺りから加齢臭の原因となるノネナールと言う物質が出始め、加齢臭として身体から臭いを発生させてしまう様になってくるのです。
一方女性の場合には40代ではまだ加齢臭を発生させると言うまでには至りませんが、50代以降になり閉経をしてしまった後に加齢臭の原因となるノネナールが少しずつ増加してくる様になり、加齢臭を発生させてくる様になります。段々と臭いと言うのは出てくる為に男性は40歳代以降に、女性は50~60歳代以降に加齢臭が出る可能性があると言う事になります。
加齢臭は男性だけがなると言ったイメージがありますが、時期は遅くなりますが女性も加齢臭を発生させると言う事が分かりました。ですから色んな対策をしていく事が大切ではないかと思います。

加齢臭を防ぐ為に

2009年04月02日加齢臭コメント&トラックバック(0)

加齢臭を防ぐ為にはどうしたらいいのでしょうか?
加齢臭は体内から『ノネナール』と言う物質を発生させているから起きてしまうのですが、この体臭の元になっているノネナールが作られてしまう原因である『過酸化脂質』を体内から減らす事が加齢臭を防ぐ事が出来るのではないかと言われています。
この過酸化脂質を減らすには動物性脂肪の摂取を控えて脂質の酸化を防ぐと言う事をしなければなりません。
またこの他に過酸化酸素をなるべく体内で出さない事も重要になります。
では、実際にどうやって加齢臭を予防していったらいいのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。
・加齢臭は動物性たんぱく質や、脂肪が臭いの原因になっている事が分かっている為に、こういった成分が入っている食べ物を食べる事を控えていくようにしていく事が大切となります。ですからなるべく食生活を見なおす様にして行く様にしていくと加齢臭を予防する事が出来ると思います。
・加齢臭や体臭の原因となっている脂肪を体外に排出させてくれる効果を持つ緑黄色野菜をたくさん食べる様にしましょう。
・また現代の人が誰でも抱えていると言われている『ストレス』は生理機能を低下させるばかりか、汗をかいたり皮脂を分泌したりしてしまいますので、なるべくストレスを溜めない生活をする様に心がけましょう。
・またお酒、タバコ、香辛料等は過酸化酸素を活発化させ、加齢臭や体臭の元となるノネナールを発生させますので控える様にしましょう。