母の日

子どもと一緒にアレンジメント

2009年04月30日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

世のパパさん達、母の日に奥様にちゃんと感謝の気持ちを伝えていますか?
もちろん自分の妻であって母親にあたるわけではないのですが、日頃家事に子育てに頑張っているママに「お母さんの働きに感謝!」の気持ちを込めてプレゼントを贈りましょう。
お子さんと一緒に何かを手作りしてプレゼントするのもいいですね。
形が多少不恰好でも、お母さんのことを考えて作ってくれた、その気持ちがうれしいものです。
ここではパパとお子さんで一緒に作れる母の日フラワーアレンジメントを紹介します。
いつもお花屋さんにお任せしていたパパさん、大切なのは気持ちですのでそんなに気張らずに、お子さんと楽しく作ってみてください。
●シックなアレンジメント
〈用意するもの〉黒色のプレゼント用ボックス、セロファン、オアシス(吸水性フォーム)、カーネーション(紫、薄ピンクなど渋めの色)、葉もの(アイビーなど)
〈作り方〉オアシスにはあらかじめ時間をかけて水を吸わせておきます。
ボックスの中に水漏れ防止のためにセロファンを敷き、オアシスをピッタリの大きさにカットしてセットします。
花と葉ものの茎を短めにカットし、オアシスに差していきます。
茎は斜めにカットすることをお忘れなく。
周囲に葉もの、中央の花は同じ色が隣同士にならないように差していきましょう。
●カップケーキ風アレンジメント
〈用意するもの〉マフィンカップ、セロファン、オアシス、カーネーション、アイビー
〈作り方〉上記のアレンジメントと同じ要領で作ります。
カップのふちの部分にアイビーをぐるりと差し、真ん中に短く切ったカーネーションを1本差します。
簡単でなおかつ少ない材料でできますので、お花に不慣れなパパさんやお子さんでも作りやすいと思います。
パパと子どもが協力して作った世界にひとつのアレンジメントをプレゼントされたら、お母さんも大喜びだと思いますよ。

オアシスの使い方

2009年04月29日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

母の日のプレゼントとして手作りのフラワーアレンジメントを紹介してきましたが、初めてアレンジメントに挑戦する人には「オアシスって何?」と使い方がよくわからないこともあると思います。
アレンジメントをプレゼントされたことのある人は、お花が刺さっている緑色のスポンジのようなもの、と言えば見覚えがあるかもしれませんね。
ここでは母の日に初めて手作りアレンジメントに挑戦しようと考えている人のために、オアシスの使い方について説明をしたいと思います。
まず、オアシスとか吸水性フォーム、フローラルフォーム、という名前で売られているので、用途に合った形のもの(多くはブロック状で、自分で切って使います)を購入してきます。
オアシスは適度な硬さがあり、水をたっぷり含む性質があるので、花を固定しつつ水を与えることができます。
オアシスを買ってきたら、まず水を含ませるのですが、使う大きさにカットしてから水に浸します。
たっぷりと水を入れたバケツなどにカットしたオアシスを浮かべてください。
手で押さえて無理に沈めたりするとオアシスの中まで水が含まれませんので、自然に沈んで行くのをじっと待ってください。
十分に水を含んだら、花を生ける容器に合わせてカッターや果物ナイフを使ってカットしていきます。
無理に押し込まなくても容器にスッと入る大きさにします。
容器に対して小さすぎると花を差すときに動いてしまい、作業がしづらくなります。
ちょうどよい大きさにカットしたら容器に入れ、次に高さを調節します。
小さい容器でしたら、器のふちより2cmほどの高さで切り落とします。
高さがあるほどたくさんの花が入りますので、作りたいアレンジメントのイメージに合わせて調節しましょう。
最後に、オアシスの角を野菜の面取りの要領で落としていきます。
直角の部分があると花が差しづらく、またその部分のオアシスがもろく崩れやすくなります。
さて、オアシスの準備が完了したらあとはお母さんのイメージに合った花を差していきます。
容器はわざわざアレンジメント用に買わなくても、家の食器棚に入っているココットやカップでも可愛らしくできますよ。

食べられるカーネーション?

2009年04月28日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

母の日にカーネーションの花束をプレゼントするのは定番ですが、今年の母の日はちょっと変わった方法でお花をプレゼントしてみませんか?
何がいつもと違うのか、それは飾って見てカーネーションを楽しむのではなく、見てさらに食べて楽しもうというわけです。
皆さんはエディブルフラワーというものをご存知ですか?
エディブルフラワーとは食べられる花のことを言い、バラやコスモス、パンジー、プリムラ、そしてカーネーションなどがあります。
見た目にも美しく、さらに栄養面でも食物繊維が豊富であるなど、優れている食品です。
もちろん料理やお菓子に使うときは、エディブルフラワーとして食用に育てられた花を使ってください。
観賞用の花は食べられませんので気を付けてください。
エディブルフラワーの中でもカーネーションはちょっと珍しいもので、なかなか手に入りにくいかもしれませんが、このカーネーションを使ったケーキなどはネットショップなどでも探すことができます。
もし食べられるカーネーションが手に入ったら、次のような使い方があります。
ゼリーの中に入れて彩り、食感、香りを楽しむ。
ドレッシングに混ぜる。
りんご酢とハチミツに漬け、カーネーションサワードリンクを作る。
ホワイトリカーに漬ければカーネーション酒の出来上がり。
料理に盛り付ける、などなど・・・
カーネーションを料理に使うときは、ガクの部分は取り除いて使います。
見て飾って楽しむものだと思っていたカーネーションを食べてしまうなんて、ちょっと驚きのプレゼントですね。

花咲くお茶

2009年04月27日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

世界各国にはいろいろなお茶があり、お茶の世界というのは実に奥が深いのですが、そんなに知識がなくても楽しめるお茶もあります。
紅茶ほどポピュラーではありませんが、中国茶を趣味で楽しむ人も増えてきています。
そんな中国茶の中でも、ちょっと変わった工芸茶というものをここでは紹介したいと思います。
これは自分で楽しむのはもちろん、プレゼントにも最適なお茶です。
母の日のプレゼントとして、お母さんと一緒に素敵なティータイムを過ごすのもよいですね。
工芸茶とは、ジャスミン茶などをベースにその茶葉の中にいろいろな花を仕込んだものです。
透明のポットに茶葉を入れお湯を注ぐと、蕾が花開くようにフワーッと茶葉と花が広がって見た目もとても楽しめるお茶です。
茶葉の中に仕込まれた花は、千日紅やジャスミン、ユリなどがあり、ベースの茶葉は他に紅茶や緑茶などもあります。
花を一緒に楽しむものはジャスミンベースが多く、その味はジャスミンティーにほのかな塩味がついているものもあります。
母の日のプレゼントとしておすすめなのが、ジャスミン茶葉にカーネーションを仕込んだ工芸茶。
ほのかにカーネーションのかおりも楽しめるそうです。
目の前で花が開く美しいお茶は、お湯を2,3回注ぎ足して飲むことができます。
飲み終えたら水を入れて観賞用として楽しむこともできるようです。
またこの工芸茶を楽しむにはぜひ透明の耐熱ポットを用意したいところですが、普段から家庭で透明ポットを使っている人も少ないでしょう。
工芸茶のギフトセットには、お茶を楽しむためにぴったりなポットやカップなどもセットされているものがあります。
ゆっくりと花開く素敵なティータイムをお母さんに贈ってみてはいかがでしょうか。

家電をプレゼントするなら

2009年04月26日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

今年の母の日のプレゼントは決まりましたか?
まだまだ時間がありますから、じっくり考えてお母さんに喜んでもらえるプレゼントを選びたいですね。
毎年5月の第2日曜日の母の日が近づいてくると、プレゼント選びをする人をターゲットにした母の日商戦が繰り広げられますが、そこで慌てて決めなくてもよいようにあらかじめお母さんの好みなどをリサーチしてプレゼントの目星をつけておきましょう。
いつもはカーネーションとちょっとしたケーキなどを贈っている人も、今年はちょっと目先を変えて「お母さん、いつまでもきれいでいてね」の気持ちを込めてお手入れグッズを贈ってはいかがでしょうか。
家電量販店を見に行くと、予算に合わせていろいろなビューティーグッズを選ぶことができます。
例えば手軽に買える値段のものでしたら、電動のネイルケアやまつげカーラーなどがあります。
またおしゃれよりはまず癒し、というお母さんには肩叩きマッサージ器などもよいでしょう。
これらは3000円前後とお手頃で、花束にプラスして贈っても喜ばれるプレゼントでしょう。
もう少し予算に余裕がある場合はホームエステグッズなんていかがでしょうか。
イオンスチーマーや超音波美顔器は肌のアンチエイジングに心がけているお母さんには喜ばれると思います。
いつも家事に追われて自分のことは後回しになっているお母さんに、しばしの贅沢気分をプレゼントしましょう。
またダイエットを気にしているお母さんにはフィットネスマシンなどもあります。
痩身だけでなく健康のために、毎日使ってもらえるといいですよね。
お父さんのメタボ対策にも使ってもらえるとなおよいですね。
最近パン作りにはまっているという人には、ホームベーカリーなども喜ばれるかもしれません。
ただしこれらの家電は大型になればなるほど、置き場や本当に使うのか、などもありますので、お母さん本人に相談してから購入する方がよいかもしれませんね。

バラの香りのプレゼント

2009年04月25日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

母の日に、素敵な香りのプレゼントなんていかがでしょう。
普段から生活に香りを取り入れているお母さんは少ないかもしれませんが、本当は使ってみたいけれどよく分からないから、という理由で香りを取り入れられずにいることもあります。
香りと言ってもキツイ香水ではなく、ほんのり香るセンスのよいものならきっと喜んでもらえることでしょう。
ここでは、ちょうど母の日の季節に咲くバラの香りのプレゼントを紹介します。
「ばら水」「ローズウォーター」という名前で販売されている化粧水ですが、これらはお肌を健やかに保つだけでなく、ルームフレグランスやリネンウォーターなどとして普段の生活の中でバラの香りを楽しむものとしても使うことができます。
バラの香りの効用として、女らしさを意識させる、肌のきめを整える、気持ちを高揚させる、などがあります。
高貴なバラの香りを楽しみつつ、女性としての美しさも手に入れられる、そんなばら水は母の日にぴったりのプレゼントではないでしょうか。
ちょっと高価ですが、バラのエッセンシャルオイルが手に入れば、手作りのローズミストを作ってプレゼントしてもよいと思います。
作り方は、無水エタノール5mlにエッセンシャルオイル1滴を加えてよく混ぜ、そこへ蒸留水60mlを加えてスプレー容器などに移します。
使う度によく振ってからスプレーします。
このローズミストはとくに年齢の現れやすい首や胸元(デコルテ部分)にスプレーすると効果的です。
しわやたるみの改善だけでなく、バラの香りは幸せな感情をもたらすので、身も心もきれいになれること間違いなしです。
いつまでもきれいでいてほしいお母さんへ、こんな素敵な香りのプレゼントをぜひどうぞ。

木の香りでさわやかに

2009年04月24日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

きつい香水や整髪料のニオイが苦手な人は多いのですが、自然の木の香りが嫌いという人はほとんどいないと思います。
新しい木造の家に入ったときなど「木のいいにおい」「たたみのいいにおい」に心が清清しくなることがあるでしょう。
このように木の香り、自然の香りというのは私達人間にとって身近な香りであり、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果が期待できます。
今年の母の日のプレゼントに悩んでいる人は、こんな爽やかな木の香りグッズを贈ってはいかがでしょう。
母の日というと、ちょうど梅雨前でこれからじめじめした季節を迎える頃です。
そんな梅雨をさわやかに乗り切るためにも、木の香りは効果的です。
プレゼントには、ひのきなどの香りが生活のさまざまな場面で楽しめるようタンスに入れられるタイプやシューズキーパー、アロマソープや入浴剤タイプなどがセットになったものがよいでしょう。
とくにひのきなどの木の香りには防虫効果もあり、タンスに入れて使うものは自然の防虫剤として安心して使うことができます。
また、木製製品はしだいに香りが薄らいでくるものですが、表面をサンドペーパーなどで磨くことで香りが再び立ってくるそうです。
このようにちょっとした手入れで長く香りが楽しめるのも、経済的でエコな感じがしませんか。
環境やエコといった言葉がよく聞かれるようになり、日頃からマイバック持参など環境保護に心がけているお母さんにはもってこいのプレゼントかもしれませんね。
もちろん、このギフト自体も間伐材を使用したり木製品の加工過程で出てくるおが屑などの副産物を利用したりと、半端材を無駄にしない方法で作られた環境にやさしい商品なのです。

押し花はがきで気持ちを伝える

2009年04月23日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

進学や就職、結婚をきっかけに、今まで育ってきた家を離れ自分で生活していくと、お母さんのありがたみが本当によくわかるものです。
ただ、いくら感謝の気持ちがこみ上げてきても、何もないときにその気持ちをわざわざ伝えるのは照れくさいものがあります。
だからこそ、年に一度の母の日に感謝の気持ちをきちんと伝えたいですね。
どんな方法でありがとうの気持ちを伝えたらよいのか悩むかもしれません。
頻繁に電話やメールでお母さんと連絡を取り合っている人もいるでしょう。
しかし、携帯電話やパソコンの普及によってわざわざ手紙で連絡を取り合う機会はめっきり減ってしまいました。
年賀状くらいしか書いていないかもしれませんね。
なので今年の母の日には、ぜひ手紙を使って気持ちを伝えてみるのはどうでしょう。
いつもと違った方法で連絡があると、お母さんにとっても新鮮な喜びとなるでしょう。
物をプレゼントするより、はがき1枚でもその気持ちを贈ることが大切です。
遠く離れた地で暮らす子どものことを、お母さんはきっと心配しています。
はがきで感謝の気持ちとともに毎日元気で頑張っていることを伝えれば、お母さんにとって安心という何よりのプレゼントになるでしょう。
さてそんな母の日に贈るはがきに一工夫。
お部屋で育てている植物や近所を散歩したときに見つけたかわいらしい草花。
それらをちょっと拝借して押し葉や押し花にしてはがきに貼って毎日の生活を伝えましょう。
はがきに貼るときは、シール状になった和紙シートなどを使うと便利です。
「大事にしているアイビーです。」「散歩の途中で見つけました。」などの言葉を添えると、お母さんに元気で暮らしていることがよく伝わると思います。

ホテルで過ごす母の日

2009年04月22日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

女性が「こんなプレゼントをもらえたら嬉しいな」と思うものランキングでは、必ずと言ってよいほど上位に挙がっているものに「リッチなホテルでのお泊り」というプレゼントがあります。
誕生日やクリスマス、また母の日など一年に一度の大切な日を、大切な人と一緒に高級なホテルで過ごせたら素敵な思い出になりますよね。
もしあなたが娘の立場であるなら、今年の母の日にはお母さんと一緒に素敵なホテルに泊まって母娘で女性ならではのサービスを受けて優雅なひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。
母の日プランで限定ディナーが用意されていたり、デザート類が充実していたり女性に嬉しいメニューになっています。
またカーネーションが飾られた母の日限定ルームなどがあるホテルもあります。
エステ付きプランや、ネイルアートを体験できるプランなども、日頃自分のことにあまり構っていられないお母さんにはなかなかできない体験をプレゼントできると思います。
エステなんて縁がないわ、と敬遠しがちなお母さんでも、我が子と一緒なら楽しんで体験できるでしょう。
母娘で一緒に過ごす優雅な時間は、何よりの思い出になるでしょう。
クリスマスほどではないと思いますが、そのような母の日限定プランなどは早めに予約をしないと希望の日に利用できない可能性があります。
お母さんと一緒に泊まってみたいホテルがあれば、早めに問い合わせてみましょう。
またホテルに依頼すれば、あらかじめお部屋にプレゼントのお花をセットしておいてくれたり、事前に届けておいたプレゼントをルームサービス時に持ってきてくれたりするサービスもあります。
そんなサプライズな演出と、お部屋からの素敵な夜景、なんだかちょっと照れくさい気もしますが、そんな非日常的な時間でお母さんにもリフレッシュしてもらえたら、と思います。

イヤーエステ

2009年04月21日母の日 プレゼントコメント&トラックバック(0)

毎日毎日、家族のために家のことを一人でこなしているお母さん。
炊事、洗濯、掃除、買い物、短い言葉ですがその内容はとても幅広く、やってみないとわからないくらい、すべきことがたくさんあるのです。
本当はおしゃれもしたいけど、なかなか自分のためにお金や時間を使えないお母さんのために、母の日くらいはゆっくりした時間をプレゼントしたいものです。
「今年の母の日、家のことは私たちがするから、お母さんはゆっくりしてきて」とイヤーエステなどプレゼントしてはいかがでしょうか。
イヤーエステって何?と思う人も多いかもしれませんね。
足の裏にたくさんのツボがあり、刺激することによって体調を整えられることはご存知でしょう。
同じように、耳にも200個近いツボがあり、そのツボを刺激することで身体的にも精神的にもリラックスすることができるのです。
このように耳のツボを刺激しながら耳の中や周りをマッサージしてくれるのがイヤーエステなのです。
単なる耳そうじとは違うのですよ。
イヤーエステに合わせてヘッドスパやフェイシャルエステも行なっているところもあります。
気持ちよくキレイになれる、というだけでなく、肩こりや頭痛、耳鳴りなどの症状に合わせてツボ刺激を行ない、体調を改善する効果も期待できます。
イヤーエステを行なっているサロンは各地にありますが、人気のお店は予約がなかなか取れないようです。
母の日のプレゼントとして予約したい場合は、早めに問い合わせた方がよいでしょう。
珍しいものが好きなお母さんや健康に気遣っているお母さんにはぴったりのプレゼントになるでしょう。

次のページ »