お肌のお手入は楽しく行いましょう

2010年01月23日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

お肌のお手入をきちんとすることで長い間美肌を保つことができ、老化も遅れる・・・とは言いましても、毎日続けなくてはいけないことですから、大変なことでもあります。
女性であれば中学生、もしくは高校生くらいのときから、毎日、朝晩続けてきていることと思いますが、もうすっかり惰性で行ってはいませんか。
最初の頃は、お肌のお手入というと、大人の女性になったかのようにとても楽しいものでした。
自分専用の基礎化粧品を買ってもらい、鏡に向かっていつまでもお手入していたのではないでしょうか。
それが今では5分とかからずに終了していらっしゃいませんか。
朝のお手入は仕方がないとしても、夜はもう少しリラックスして、お手入のための時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
たとえば、好きな音楽をかけてお手入れをすることでも良いでしょう。
英会話のCDを聞きながらなどいかがですか。
毎日のことですから、短い時間でも1年続けることでかなり上達しているのではないでしょうか。
好きなドラマや映画を見ながらだって良いと思います。
アロマキャンドルに灯を灯してみたり、お香を焚きながらヒーリングミュージックをかけるのも粋ですね。
手さえ動けばお肌のお手入はできるのですから、何かを見たり聞いたりしながら今よりもう少し時間をかけてみませんか。
毎日が無理であれば、一日置き、二日置きなどから始めても良いでしょう。
かるくマッサージをする曜日や、パックをする曜日などをあらかじめ決めておくのも良い方法と思います。
お肌のお手入タイムが楽しみな時間になるよう工夫をして、今後もずっと続けてくださいね。

お肌のお手入は一生涯続きます

2010年01月22日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

お肌を少しでも長く美しく保つために、お手入は一生涯続きます。
70歳、80歳になるとお手入を止めてしまうかたがたも多いようですが、近頃では生きている限り続けていらっしゃるかたも多いのです。
今、20代30代のかたがご高齢になる頃には、もっと大勢のかたがたがお肌のお手入を続けていることでしょう。
もちろん、メイクをなさっているかたも大勢いらっしゃることでしょうね。
昔のご高齢者に比べて、現代のご高齢者は心身ともに若くて溌剌としていらっしゃるかたが多いですし、お肌のシワもタルミもかなり少なくなってきているように思いませんか。
それは、やはり美肌に対するさまざまな情報が広がったことと、日々、研究され、進化する化粧品類が原因となっているのではないでしょうか。
たとえば、紫外線に当たりすぎるとお肌を老化させるという情報は、今では誰もが知っていることですよね。
その情報によって、外出時に日焼け止めクリームをぬったり、帽子をかぶったり、日傘をさすようになるかたが増えてきたわけです。
その結果、老化が遅れてくるわけですね。
化粧品によるお手入方法も、雑誌やテレビ、インターネットなどでさまざまに伝えられています。
化粧品類が新発売されたときの宣伝効果もすごいものがありますね。
そして、効果的な化粧品を見つけ、しっかりとしたお手入をすることによって、さらに老化が遅くなります。
それをずっと続けることにより、どんどん老化が遅れてゆき、それらを知らなかった昔のかたがたや、それらを使うことが出来なかった昔のかたがたに比べると、ずっと若々しくいられるようになってきたのです。
年をとっても美しくいたいのならば、情報収集とお手入を欠かさないのが一番良い方法のようですね。

毛穴が開き気味のお肌のお手入

2010年01月21日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

脂性肌のかたに多いのが、毛穴の悩みですね。
思春期の時にも一時的に脂性肌になり、毛穴が目立つかたもいらっしゃるでしょう。
毛穴の開きは、時間のかかるお手入のひとつです。
皮脂をたくさん分泌してしまうために毛穴が開き、またそこへ皮脂や汚れが詰まったりしてさらに毛穴が開き、悪循環に陥ってしまいます。
毛穴が開いていることでニキビや吹き出物が出来やすくなりますし、皮脂や汚れが詰まることで、お肌全体がくすんで見えてしまうという難点もあります。
さらには、帯状毛穴といって、年齢を重ねることでお肌がたるんで来ると同時に、楕円形になった毛穴が帯状に連なり、それがシワの原因にまでなってしまうのです。
良いことは何ひとつありませんから、早めにお手入したほうが良いでしょうね。
毛穴も大きく開ききってしまいますと、元に戻すのはなかなか難しいことですので、やはり早めの対処が必要です。
毛穴が開いているかたの多くは、それを気にすることでゴシゴシとこするような洗顔をしすぎたり、剥がすタイプのパックをしすぎたりして、いっそう毛穴を広げてしまっています。
こするような洗顔や剥がすタイプのパックをしすぎると、お肌のバリア機能が壊されて乾燥気味になり、脳からはますます皮脂を出すようにとの命令が行きますから、さらに皮脂が増えることを覚えておいてほしいと思います。
毛穴の開きが気になるでしょうが、優しく洗顔して角質層を厚くしないように気をつけ、さらにお顔の皮脂を摂りすぎないようにすることが結局は改善への近道になるのです。

敏感肌のお手入

2010年01月20日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

敏感肌のかたはお手入が大変ですね。
敏感なお肌に刺激を与えないような化粧品をまず、選ばなくてはなりません。
無添加化粧品といわれているものや、オーガニック化粧品といわれているものでさえ、お肌に合わないというかたはいらっしゃいます。
敏感肌のかたというのは、化学成分だけでなく、植物のエキスにも合わない場合があるのです。
ですから、本当に化粧品選びには時間がかかるかもしれません。
敏感肌のかたもやはり、お肌表面からのお手入とともに、身体の内部からの働きかけも大切です。
健康的なお肌になるために、根本的な部分・・・すなわち食事から見直してゆくべきだからです。
ビタミン類をとくに豊富に摂るようにしてください。
お肌そのもののお手入としては、敏感肌のかたもやはり水分が不足している場合が圧倒的に多いですから保湿を心がけるようにしてください。
お肌の水分がなくなることで、肌荒れがおこり、敏感肌がますます敏感になってしまいます。
低刺激の化粧品で、ご自分のお肌に合うものが見つかったならば、主に化粧水を充分に与えてあげてください。
また、洗顔料をコメヌカなどの自然のものに変えてみるのもよいですね。
野菜や、ヨーグルトなどでパックを行う方法も試してみると良いと思います。
しかし、とにかく敏感肌のかたは、初めて使うものは自然のものであっても、腕の内側などでパッチテストをするべきでしょう。
そうすればお顔にも、安心して使うことができます。

シワのあるお肌のお手入

2010年01月19日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

ある日、突然、うっすらとシワのようなものが目についたときのショックは大きいですね。
笑っていなくとも、シワの線が残っていることに気づいたときもかなりのショックです。
シワは、深くくっきりと刻まれてしまうと、ご自身でのお手入では改善が難しいものなので、なるべく、薄く浅いうちに対処してしまいましょう。
シワの原因の最たるものは加齢と言われていますが、さらに正確に言いますと、加齢によってお肌の水分やコラーゲン、エラスチンなどが減少してしまうからなのです。
つまり、年をとっていても、それらがお肌内部に充分にあれば、シワにはならないわけなのですね。
ですから、シワの場合には表面的なお手入と同時に、内部からの働きかけも非常に重要になってきます。
また、お肌のお手入のためにと、マッサージを行う方も多いと思いますが、自己流のマッサージもシワの原因になりやすいので、くれぐれも注意してください。
そして、表情ジワも年齢とともにお顔にくっきりと刻まれますから、注意が必要です。
なにか考え事をする時などに眉間にシワを寄せる癖のあるかたも、意識してシワを寄せないようにしましょう。
お肌のお手入としては、やはり水分補給が大事です。
化粧水をコットンにたっぷり染み込ませてローションパックをしましょう。
アンチエイジング用の美容液もたっぷり塗ってあげてください。
最近では、お肌の奥まで浸透すると言われているナノサイズのコラーゲンなども広く販売されるようになりましたから、そのようなものも試してみると良いでしょう。
また、食事だけではなかなか摂取できないコラーゲンなどは、サプリメントで体内から補うのも良い方法でしょう。

シミのあるお肌のお手入

2010年01月18日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

ある程度の年齢になりますと、お顔のあちらこちらにシミが目立ってきます。
シミの原因はいくつかありますが、もっとも大きな原因としては皆様もご存じのとおり紫外線があげられます。
若いころは、シミのことなどあまり考えずに無防備に紫外線を浴びることが多いのですが、これらも数年ののち、シミとなって表われたりしますから注意が必要です。
その他の原因としては、ストレスやホルモンバランスの崩れ、合わない化粧品を長年使用していたため、服用している薬のせいなどがあげられます。
また、傷やニキビの跡なども若い頃にはすぐに消えるものですが、年齢を経てきますとシミとなって残る場合が多々あります。
これら、すでにできてしまったシミを無くするのは容易なことではありません。
しかし、お手入次第ではまったく不可能なことでもありません。
お肌は常にターンオーバーを繰り返しているからです。
シミになってしまった細胞をお肌の表面に浮き上がらせ、不要になった角質とともに剥がしてしまう方法です。
もうひとつの方法としては、茶色くなってしまったシミに対して、美白の作用がある成分を与えて色を目立たなくさせるというものです。
近頃では、美白に効果的な化粧品も多数、販売されていますから、サンプルなどでご自分に合ったものを見つけ、しばらく続けてみると良いかと思います。
しかし、他のお肌のトラブル同様、シミも内的な原因の場合も多いので、食事やサプリメントからビタミンCを多く摂るように心掛け、外出の際は紫外線は極力避けるようにすべきでしょう。
自己流のお手入ではどうにもならないような大きくて濃いシミが気になって仕方のない場合には、レーザー治療などもありますから検討してみてください。

脂性肌のお手入

2010年01月17日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

若い方と男性に多いのが脂性肌の悩みですね。
乾燥肌のかたとちがい、脂性肌のかたはいつもお肌が脂っぽくテカテカとしています。
女性であれば、お化粧崩れが激しく、日に何度もお化粧直しをしなくてはならないのが苦痛となるでしょう。
大人ニキビと言われる吹き出物も出やすいので、丁寧なお手入が必要です。
脂性肌の原因は、男性ホルモンの分泌が活発であるために皮脂がたくさん分泌されてしまうことにあります。
また、意外ですが、お肌の水分がなくなり乾燥気味になると、お肌の表面を保護しようとして皮脂がたくさん分泌されます。
ですから、脂性肌のかたであっても保湿は意識して心がけるようにしてください。
それが、脂性肌のかたのお手入の重要な部分です。
一般的に脂性肌のかたは、皮脂の多さによって乾燥が目立ちませんから気がつかないことが多いのです。
しかし、乾燥肌のかたと同じくらいに水分補給が必要ですから、やはり洗顔後のローションパックをお勧めいたします。
脂分があまりにも気になるようでしたら、ローションパック後のクリームは、油分の少ないものか、入っていないもの、もしくはジェルタイプのものなどにすると良いでしょう。
お肌の内部が水分で充分に潤ってきますと、皮脂の分泌はだんだん減少してくるはずです。
皮脂を摂りすぎることで、さらなる分泌を促しますから、日中のテカリはティッシュペーパーなどで軽く押さえる程度にし、油取り紙や洗顔は控えめにしておきましょう。
そのぶん、朝晩の洗顔を丁寧にしっかりとしてください。
そのようなお手入をしばらく続けていますと効果を実感できるはずですから、習慣になるまで続けてくださいね。

乾燥肌のお手入

2010年01月16日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

乾燥肌で悩んでいるかたが一番多いと聞きます。
お肌の悩みと言うと、女性の悩みのように思ってしまいますが、乾燥肌の悩みは、老若男女みなの悩みでもあるようです。
どうしてそんなにお肌が乾燥してしまうのでしょう。
乾燥肌の原因もひとつではありません。
たとえば、湿度自体が低い日が長いこと続いたとき、人間のお肌も乾燥気味になりますし、洗顔のしすぎでも乾燥肌になってしまいます。
強力に皮脂をとる洗顔料やパックを続けていても乾燥しますし、ファンデーションが合わない場合もそうです。
ダイエットで必要な栄養素・・・特に油分を摂っていないことも原因になりますし、日焼け後のお肌をほおっておくのも良くないです。
お手入のまえに、このような原因を自ら作り出していないかをチェックしてみてください。
乾燥肌のお手入方法としては、とにかく水分補給・・・すなわち保湿を心がけることです。
美容にあまり関心を持たないかたがたは、乾燥には脂分の多いクリームを塗るのが良いと思っている場合が多いのですが、そうではありません。
乾燥するのはまず、水分が足りないからなのです。
そこで、お勧めなのがローションパックです。
軽い乾燥肌のかたでしたら、化粧水をとにかく多めに付けるお手入でも回復してくるかもしれませんが、やや重症とあらばローションパックをしばらく続けることを試してください。
できるだけ化学物質や刺激の少ない化粧水をたっぷりコットンに染み込ませて、乾燥が気になるところにのせておきます。
数分でコットンの端が乾いてきたら終わりにするか、もう一度化粧水を染み込ませて続けてください。
その後、クリームの脂分を補い、水分が蒸発しないようにしてあげます。
基本ですがよく効きますので、ぜひ、続けてみてください。

大人ニキビのお手入

2010年01月15日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

ニキビは思春期だけのものではありません。
大人になってしばらくたっても出来るものであり、それで悩んでいるかたもけっこう多いのです。
大人になってからもできるニキビのことを、「大人ニキビ」などと言ったりしますが、こちらは思春期のニキビとは原因がことなっていますので、同じようなお手入の仕方ではいけません。
もちろん、思春期のニキビ肌用の化粧品類を使用してもなかなか治らない場合が多いので、注意が必要です。
さて、それでは大人ニキビの原因とはいったいどのようなものでしょう。
大人になっても皮脂の分泌の多い方はいらっしゃいますので、皮脂が毛穴につまり、そこが炎症をおこしてニキビになる場合ももちろんあります。
しかし、もっと多い原因としては、メイク汚れがしっかりと落ちていなく、毛穴に詰まってしまっている場合、そして、不要となった角質がお肌に残っている乾燥肌の場合にもニキビの原因となります。
これらはお手入によって対処することが出来るので、今日から注意をして念入りなお手入を心がけましょう。
メイク汚れが残っているからといって、洗顔のしすぎもよくありません。
優しく丁寧なクレンジングと、弾力のある泡による洗顔で大体の汚れや古い角質は落ちる筈ですが、しばらく続けてみてニキビが治らないようでしたら、ファンデーションなどを見直してみる必要があります。
ウォータープルーフなどお肌に密着して落ちないタイプは一度止めて、しばらく様子をみてください。
さらには、生活習慣の乱れや、食生活の乱れも大きな原因となっています。
こちらは、お肌のお手入ではどうにもなりませんが、大人ニキビを改善したいのであれば大切なことなので、甘いものや脂っこいものの取り過ぎを控え、ビタミンの多いものをたくさん摂るように心がけましょう。

若いかたのニキビ肌のお手入

2010年01月14日肌 お手入コメント&トラックバック(0)

今回からは、いよいよ具体的なお肌の状態に合わせたお手入についてお話していこうかと思います。
本日は、ニキビ肌のお手入についてです。
ニキビと一口にいいましても、10代のかたのニキビと、30代を過ぎてからのニキビは違います。
といいますのも、ニキビ自体は同じように見えていても、それが出来る原因が異なっているからです。
10代から20代前半くらいのかたに出来るニキビについてのお手入からお話していきましょう。
10代のニキビと言うのは、思春期特有のホルモンのバランスが大きく関係しています。
それによって、皮脂の分泌が盛んになり、それが毛穴に詰まってしまったり、アクネ菌という細菌の繁殖を促したりすることでニキビになってしまうのですね。
しかし、ホルモンを自分の意思でコントロールすることは出来ませんから、出来ることといえばお肌の表面を清潔に保ち、皮脂をできるだけスムーズに分泌されるようにしてあげることです。
かといって、一日に何度も洗顔したり、スクラブ入りなどのお肌を傷めがちな洗顔料ばかり使用していてはいけません。
洗顔によって常に皮脂を取り除いていると、脳の反応としては、さらに皮脂を出すように命令してきます。
皮脂はお肌表面を守るために必要なものでもあるからです。
ですから、普通1日2回程度の洗顔で良いでしょう。
多くても3回程度にして、皮脂が浮いてきたと感じたら、ティッシュなどで優しく抑えて吸い取らせます。
また、洗顔のしすぎやスクラブ剤、強力なパックなどで傷んだお肌は、水分が蒸発して乾燥気味になってしまいます。
そこへ皮脂ばかりが分泌され、水分とのバランスが崩れてしまいます。
また、傷んだ角質は元に戻ろうとして厚みを増し、毛穴がふさがれがちになってきます。
ニキビ肌にはあくまでも優しいお手入が必要です。

次のページ »