転職・就職

就職活動で成功する面接

2009年08月30日転職・就職コメント&トラックバック(0)

面接で自信と熱意を見せることは、就職活動で成功するための重要なポイントです。面接でのマナーや、履歴書の書き方ももちろん大事なことですが、マニュアルがそのまま実社会で通用する訳とはいえません。志望の熱意をきちんと伝えるためには、明るい態度やハキハキした答え方をしましょう。マニュアル通りの就職活動では、人事の方に熱意を伝えることはできないからです。社交性が有るか無いかだけではなく、自分に自信が無いと態度に表れてしまうでしょう。自信があってはじめて熱意を伝えることができるのです。しかし自信は、自己理解があってこそ成り立つものだといえます。根拠の無い自信はただの誇大妄想でしかあり得ません。自分を見失わないためにも、自信と熱意は就職活動には必要なものなのではないでしょうか。それだけではなく、この会社でなにが出来るのか、どう役に立ってくれるのかという点が、就職活動の面接で人事担当者が注目するところです。それに対して就職マニュアル通りの返答ばかりでは、採用してもらうのは不可能です。志望企業をしっかりと調べることで、自分の仕事に対する考え方を見つめることで、面接で人事担当者に伝えるべき方向性は自ずと浮かび上がってくるものです。将来のビジョンも、就職活動中に自分を見つめ直すことによって見えてくるかもしれません。そのようにはっきりした将来のビジョンは、就職活動に成功して入社した後でも、役立つに違いないのです。焦りや劣等感に就職活動中は悩んでしまうこともあるかも知れませんが、はっきりとしたビジョンがあれば自信がついて熱意も伝わるに違いありません。自信と熱意があればきっと就職活動を乗り切られるでしょう。

就職活動のすすめ方

2009年08月29日転職・就職コメント&トラックバック(0)

いきなり就職活動のすすめ方と言われても、とりあえずどんなことから手を付けて良いか判らない人も多々いるのではないでしょうか。そのきっかけを掴むのも、新卒ならまだしも、転職の場合はさらに難しいでしょう。とりあえず就職情報を、転職活動をはじめるという人はインターネットや雑誌で収集してみましょう。就職活動のとって大切なのは情報の多さです。雰囲気に慣れるためにも最初は就職情報サイトの流し読み程度で構わないのでとりあえず初めてみることです。今まで興味の無かった業種に惹かれることや、知らなかった職種に心躍らせることもあるかもしれません。自分の将来を想像するところから就職活動の道は開いて行くのです。このほか、就職活動フェアに行ってみるというものも良いでしょう。この機会を通して、色々な企業と触れ合うことができる絶好のチャンスですので、もう一度自分を見つめ直すことが可能です。沢山の面接官や人事の方と、就職フェアでは話をするチャンスがあります。志望の企業を選択する力も付きますし、気が付かなかった自分の長所や短所を自覚する事もできますので、就職活動でのプラスになるに違いありません。就職活動のすすめ方で大切なポイントは、いろいろと考え込むよりも行動あるのみです。このように情報収集をネットでしたり、就職フェアに参加して就職活動でさまざまな経験を積むことは、就職した後でもきっと役に立つことでしょう。

在宅の仕事の注意点

2009年08月28日転職・就職コメント&トラックバック(0)

在宅の仕事は、年々増加していますが、いくつか注意点もあります。総称するとテレワークと呼ばれるのですが、在宅の仕事に関連した言葉にSOHOというものがあります。在宅の仕事に関する相談事例が、国民生活センターのサイトで紹介されているようです。在宅の仕事を始めようと考えている人には大変参考になります。営業ノウハウの無い個人に代わって、企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社を利用する方も増えているようです。そのような在宅の仕事を紹介してくれる会社を通じて仕事をする場合に注意しなくてはならないのが、高額な費用が最初に必要だと言われたときです。何十万円もするパソコン機器を購入させた挙句、初めの説明とは異なることがあります。在宅の仕事を全く紹介しないというケースもあるので注意が必要です。トラブルを未然に防止するために、厚生労働省では在宅の仕事を安心して行う事が出来ることを目的に行っていることがあります。守るべき最低限のルールとして、在宅の仕事の契約を締結する場合の、在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインが設けられているのです。ガイドラインでは、在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為に在宅ワークの契約様式の参考例もあるので事前に確認しておきましょう。最低限必要なこととして、在宅ワーカー側から発注事業所へ契約書の交付を求めるということがあげられます。

在宅の仕事について

2009年08月27日転職・就職コメント&トラックバック(0)

よく耳にする在宅の仕事とはどんなものなのでしょうか。総称するとテレワークと呼ばれるのですが、在宅の仕事に関連した言葉にSOHOというものがあります。テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。はじめに雇用関係のある仕事についてです。これには通勤時間の短縮などを目的として、比較的自宅に近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務、自宅で会社員が働く形態の在宅勤務や、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事が含まれます。企業に属さず、請負的に仕事を行うものが雇用関係のない仕事といえるもので、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態や、個人で自宅で行う在宅ワークなどがあげられます。仕事を在宅で始めるにあたっては、様々な方法があります。何の仕事が出来るかというPRチラシのようなものをまず作成し、以前の勤務先に宣伝します。宣伝は知人友人を介してしてもらうのも効果的なのです。ポスティングやダイレクトメールで企業に宣伝する方法もあります。さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。在宅で出来る仕事情報に敏感になる事で、報酬相場をつかむ事も出来ます。また、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみるやり方もありますし、インターネットを利用してホームページでPRしたり、在宅の仕事向けのメーリングリストに登録する事も出来るでしょう。

子育てと仕事を両立させる環境

2009年08月26日転職・就職コメント&トラックバック(0)

女性にとって、子育てと仕事を両立させる環境はとても大切なことである。子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければならない。仕事をもつ母親にとっての子育ては、直接的はもちろんのこと、間接的に愛情を注ぐことがより多くなる。そのための安心感は、子供を預けることのできる家族や信頼できる託児所や保育所を確保することができれば得られるだろう。とはいえ自分の子どもを家族同然に見守ってくれる人や場所はたくさんあるに越したことはないのである。こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントだろう。子育ての方針をしっかりと決めていきつつ、このようなネットワークは母親が積極的に作っていくべきではないだろうか。ワーキングマザーにとって、職場での人間関係が仕事では付き物であり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、精神的なストレス与える大きな要因となる。世の中には、子育てのおけげで世界が広がったと言う母親もたくさんいるという。仕事や家庭中心のだった毎日が子供中心となり、自分自身も目新しい出会いを通して成長することができる。いつの間にか苦手意識のあった様々な人との会話や休日の遠出も楽しみに変化したりもするのである。子育てと仕事の両立を図るためにも、少しずつ地域の情報や支援にも助けてもらいながら、まずは身近なところからコミュニケーションをとっていきたい。

仕事と子育ての両立に向けて

2009年08月25日転職・就職コメント&トラックバック(0)

今後の仕事と子育てをうまく両立するために、まずは産後の自分自身の身体を仕事再会に向けて十分に整えていかねばならない。子育てを担っていく母親にとって、産後は身体のいろいろな部分がもとに元に戻ろうとする時期であり、非常に重要な期間だといえる。産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえる。出産後は、出産までに蓄積された心身の疲労が完全に抜けきらない時期でもある。毎日の疲労感も寝不足も、自分自身の子育てに対する責任感や母性が忘れさせてくれるかもしれない。ホルモンバランスがまだまだ不安定であり、実際には現実的には抵抗力も落ち気味なのである。実際仕事復帰した後も、搾乳器を使い母乳育児をしようと必死になるあまり、乳腺炎という事態を引き起こす場合もある。妊娠中から出産後のトラブルについての情報を集め、できる対策をとっておいた方が無難である。そして、トラブルが起きてしまったら、すぐに専門家に指導してもらうなどして、決して一人で抱え込まないほうが仕事復帰への影響を最小限にとどめることができるといえる。子育てに対する不安もさることながら、まずはこうしてしっかり自分自身の身体を管理していきたい。母として子育てをするだけではなく、社会で女性として仕事をする姿は、多くのまわりの女性にとってもまぶしい姿ではないだろうか。子育てに従事する時間が少なくとも子供はその後ろ姿をみて育っていくので、仕事をする姿もまた格別の子育てである。

出産後の仕事と子育て

2009年08月24日転職・就職コメント&トラックバック(0)

最近では育児休業中の1年間ぐらいは子育てに集中したいけれど仕事を再開しなければならないなど、女性が社会的役割を持つことが増えている。多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰する女性が増えてきている。さらに多くの女性が今後子育てに必要な経費はもちろん、家計を支えるためにも出産後できるだけ早く新たに仕事に就きたいと思っているようだ。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえる。こういう時代に子育てしながら仕事そしようとするのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておくべきだ。あらかじめ備えておくことが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれないからである。そのうえ出産した後の女性の体は、妊娠中と同じように心や体に様々な変化がある。ということは、適切に対処しなければ体にトラブルを引き起こす可能性がある。骨盤や子宮の戻りも、特に産後約4~6週間は十分であるとはいえない。後々、辛く重い更年期障害に悩むことに繋がるのが、その期間に無理を強いることではないかといわれている。子育てに専念して仕事はしていない母親に比べ、もちろん子供と過ごす時間は短いものだ。せっかくの休日が病院や療養で終わってしまうようでは、子供と過ごす時間は減る一方だ。出産まで築きあげてきた信頼や立場、せっかく得られた仕事を長く継続するためにも、最小限に子育てへの影響をとどめ、身体をいたわり、しっかり自己管理をしながら、ワーキングマザーライフをスタートさせ充実させていきたいものである。

転職の志望動機を考える

2009年08月23日転職・就職コメント&トラックバック(0)

実際に転職の志望動機を考えることで見えてくるものがあります。転職の志望動機を考えることで、自分自身の仕事に対する姿勢がはっきりとわかるといえます。転職の志望動機を書く方法として、まずは相手先の企業を知ることから始めてみましょう。現在の転職活動は、今後の自分に深く関わるものですので、数年先の自分の姿を思い浮かべながら転職の志望動機を作成することがおすすめです。転職をしたいと思っている企業についてもよく考えることが大切です。志望動機を考えている時や、転職情報を調べている時には、条件の良い雇用条件ばかりに気を取られ、うっかり見落としていた点を発見する場合も多々あります。真摯に転職志望動機と向き合うことで、その志望企業のデメリットに目が止まるようになることもあります。企業にはどんなところにも短所というものはあります。そのようなデメリットも考慮したうえで、転職したいと思える企業を探してみましょう。反対に現職の企業の長所を再発見して転職をストップする事も考えられます。実際に転職してから後悔しないように自分自身や企業をしっかりと転職の志望動機を考えることによって見直すことが必要でしょう。自分にとっても、志望動機をしっかりと考えながら履歴書を作成するということは、とてもプラスになるものです。履歴書のマニュアルをそのまま参考にするのではなく、熱意のある転職の志望動機を書くようにしましょう。

転職の志望動機を書く方法

2009年08月22日転職・就職コメント&トラックバック(0)

転職の志望動機を書く方法のマニュアルを参考にすると、堅苦しい内容の志望動機になってしまう場合があります。なかなか熱意のある転職志望動機が書けないとお悩みの方も少なく無いようです。はじめに転職したい企業について理解することが、転職の志望動機を書く方法のひとつとしてあげられます。別の企業や在職中の企業と比べて、志望する企業とはどんなところが具体的に優れているか箇条書きにしてみるのがおすすめです。志望する企業の良い面を理解するところからスタートすると、転職の志望動機を書くときにスムーズに志望動機の内容を考えることができるのではないでしょうか。志望動機があまりにも給与面ばかりにこだわったものでは、転職は成功しないといえるでしょう。給与の部分だけにとらわれず、志望動機は他の部分も頭に置きながら検討してみましょう。これにより、どんなメリットを入りたい企業に転職した後、得ることができるでしょうか。転職の志望動機を書くときには、自分を客観的に評価する冷静さも必要なことですし、自分の強みも自己分析がきちんと出来ればできるのではないでしょうか。自分を正しく評価するのは、過大評価でも過小評価でもなく困難が伴うことかもしれませんが、転職活動を行う過程で志望動機は等身大の自分を売り込むチャンスといえますので、志望動機は時間をかけてしっかり書くようにしましょう。あまり深く考えすぎずに行動に移してみるのも大切ですので、まずはいろいろと転職の志望動機を実際に書き表してみましょう。熱意のある志望動機を武器に転職を成功させましょう。

転職の志望動機を書く前に

2009年08月21日転職・就職コメント&トラックバック(0)

これから転職をする人ににとって、志望動機が履歴書の中とても大切になってきます。意外と志望動機内容を、大切だと分かっていながら疎かにしている人が多いのではないでしょうか。たとえば空欄ばかりが目立つ履歴書になってしまったり、自分の書きたいことだけをそのまま書いてしまったりしてはいませんか。その中でも、よく見かけるのは適当に志望動機を書いてしまったり、履歴書のマニュアルどおりに写したりしてしまっているものです。転職活動では、履歴書の志望動機は面接に至るまでの大切なポイントです。志望動機を安易に考えていては、転職を成功させるのは難しいと言えるでしょう。転職活動を行っている自分自身が、どうして今の会社を退職してまでその企業を選択するのかということをきちんと考えるべきではないでしょうか。人事担当者に自分の仕事に対する熱意をしっかりと伝えるためにも、志望動機にはマニュアルのような内容ではなく志望する会社への熱意を志望動機には書くことが求められるのです。たくさんの企業の中から、その企業を選んだ理由を思い出して、さらに自分がその企業に何を求めているのかということを、転職の志望動機の内容が浮かばない時には考えてみるといいでしょう。どうしても難しい方は、転職時の志望動機の書き方を載せているサイトや本を参考にすると良いでしょう。ですが、履歴書というものは、人事担当者が何人もの応募者のものを見ているものですので、あくまで参考にするぐらいにしてください。最終的には転職の志望動機は自分の言葉で書いてこそ熱意が伝わる内容になるものですから。