顔の脱毛方法

TOPPAGE > 顔の脱毛方法

顔の脱毛方法について綴っています!

「顔の脱毛方法」がお役にたてればうれしいです!!

    顔脱毛にはさまざまな脱毛方法があります。例えば、脱毛クリームを使う場合は、体毛の成分であるケラチンをクリーム状の液で毛を溶かすことで行います。短時間で顔の脱毛ができ、痛みを感じることがありません。仕上がりも剃った時のような不自然さや手触りではなく、毛を一旦溶かす方法なので再び毛が生えてきても自然です。注意したいのが、この脱毛の方法は、うぶ毛と一緒に皮膚の表面にある角質層の部分を溶かしてしまう危険性があるのです。結果、リスクが大きく、刺激が強いことが、脱毛クリームを使う顔脱毛ということになるのです。実際は顔脱毛後の柔らかでツルツルした顔の表面の感触は、実は皮膚が溶けてそれにより滑らかに感じているのです。顔脱毛のもう一つの方法として、フェイスパックがあります。これは粘着成分のある液を肌にピッタリつけることによって肌に吸着させ、そのパックをはがす時に黒ずんだ角質やお肌の汚れと共に産毛やむだ毛も抜いてしまう方法のです。顔脱毛と一緒に古い角質除去もできますが、パックの塗りむらなどで思うように抜けない場合もあります。脱毛テープや毛抜きで行う顔脱毛は、抜きたい部位のむだ毛を確実に抜くことができますが、肌への負担も高いので肌が柔らかく毛穴が開いている状態で行い、アフターケアをきちんとする必要があります。最近は、毛抜きなどの他にエピスティックと呼ばれる台湾式のコイルを利用した毛抜きも顔脱毛の道具として販売されています。手軽でどこでも使えるので、人気があるようです。

TOPへ

Copyright (C) news.media00.net All Rights Reserved.
design by. (C) WebDaisuki.com